これからWebディレクターになるみなさんへ

さて、ここまでWebディレクターのあれこれを様々な視点で解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

これからWebディレクターになる人にとっては、大変な職業に思えるかもしれませんし、はっきりと職務がわかりづらかったりするかもしれません。
逆にそんな環境のWebディレクターという職業に魅力を感じて頂ければ嬉しい限りです。

現状、国内にWebディレクターが何人存在するか、の統計的な数字は見当たりません。
現場では、デザイナーをやりながら、営業をやりながら、など兼務もまだまだ多いのが現実だと思います。Webディレクションの書籍は何冊か出ていますが、どれも共通している内容としては「幅が広い」ということです。

前述したように、Webディレクターは、プロジェクトリーダーとして、制作チーム・開発チームと一緒にプロジェクトマネジメントも行い、時に営業として提案する。
経営者の視点をもって予算を管理し、時に解析ツールを扱いレポートを作成しながら、ライティングや写真加工の指示を出す。
Webディレクターとして第一線で活躍している人は、専門性という軸を持ちながら、マルチな能力を持っている人が多く、それぞれ仕事が良く出来ます。職業柄、視野が広く、案件を通じてインターネットのビジネスモデルを良く知っています。
そして、様々な立場の人達を相手に話をしてきているので、コミュニケーション能力も高いです。

Webディレクターとして活躍する要素を持っている人は、転職市場で非常に価値の高い人材となります。キャリアとして経営者になる人も多い職業です。
そしてホスピタリティもあって、合コンもうまくセッティングができるとなると、引っ張りだこの存在になることでしょう。

Webディレクターという職業になる、ということは、目指した先にビジネスマンとして活躍できる幅広い選択肢が待っています。
これからWebディレクターになるみなさんには、そんな有益な将来を目標に、ぜひ幅広い業界で活躍して欲しいと思っています。
Web土方と揶揄されるWeb制作の環境も、確実に改善されてきています。ぜひWebディレクターを目指して、自分のスキルアップ、キャリアアップを行なっていく環境で頑張っていきましょう。

 

関連記事