家ですごそう!リモートワークの健康管理のポイント

全国的に緊急事態宣言が出されて約10日、長い人では在宅勤務でテレワーク、リモートワークを始めて1か月以上、という人もいると思います。体の不調は出ていませんか?今回はステイホームのままできる健康管理のポイントを紹介します。

食事ポイント

自宅にずっといるせいか、ついつい食べ過ぎてしまう。そんな人は要チェックです。

食習慣を整える

「1日3食」は、健康的な食生活の代名詞のように言われています。しかし普段から「朝はバタバタしているから朝食はとらないで出勤する」という人が、急に1日3食きちんと食べるようになったら、それまでの生活リズムを崩してしまう可能性も。通勤しなくなって体を動かす機会が減っているのに食事回数だけ増えるのは、かえって心配です。

テレワーク/リモートワークをきっかけに食習慣を見直すのはいいことですが、できるだけ毎日同じ時間に食事するなど、無理せず続けられるやり方を見つけるのがポイントです。

間食は取り過ぎないようにする

テレワーク/リモートワークでは、仕事場⇒自宅⇒冷蔵庫まで数歩。「これから作業に集中するから、その前に脳の栄養補給♪」と、いつも以上に甘い物を食べていませんか。糖分の取り過ぎは筋肉の緊張につながり、老化物質を体内に蓄積する原因になるとも言われています。

間食がほしくなったとき、別の方法で気分転換をすれば、食欲から気をそらせることができます。

「ちゃんと」食べる

長時間のデスクワークは筋肉がこわばって、首や肩のこりを感じやすくなります。筋肉にいい栄養素といえば、たんぱく質。自宅だからと、ごはんやパン、麺類など、手軽な食事で済ませる人もいると思いますが、炭水化物に偏らず、肉や魚などのたんぱく質、フルーツや野菜など栄養バランスを意識した食事を心がけましょう。

外出の機会が減るにつれ、食事は「空腹を満たす」以上の意味を持っていることに気づいた人も多いはず。ランチョンマットを敷く、買ってきた惣菜をお皿に盛り付けるなど、準備を「ちゃんと」することで、気分も変わります。

運動のポイント

身の回りでできることはあります!

仕事の合間に家事をする

在宅勤務の環境は、オフィスにいるとき以上に煮詰まりがち。考えごとなら掃除をしながらでも、洗濯をしながらでも、洗い物をしながらでもできます。同じ姿勢でいる時間が長いなと思ったら、体を動かしてみてください。気分転換にもなります。

簡単な体操やストレッチをする

座りっぱなしで仕事していて、足がむくむ人はけっこう多いはず。座ったまま足首を回す、膝を伸ばして足首をパタパタするなど、ふくらはぎを動かすとむくみ予防につながります。また、肩や首がこる人は、肩甲骨をほぐすようなストレッチがおすすめです。

朝の散歩で日光浴をする

隣の建物から丸見えになるから、自宅ではカーテンを閉めていて、時間感覚がおかしくなる。そんな人におすすめなのは、朝の散歩。日光を浴びることで体内時計がリセットされ、体と脳が目覚めます。また、日光浴をすることで、体内でビタミンDがつくられることも有名です。ビタミンDは、カルシウムの吸収を助け、骨の健康に欠かせない栄養素と言われています。

「三密」は避けなければなりませんが、適度に日光を浴びたり外の空気を吸う時間をつくることで、健康的にリモートワークを継続していけるのではないでしょうか。

疲労回復のポイント

日々のパフォーマンスを維持するには、次の日に疲れを残さないことが大切。

睡眠をしっかりとる

テレワーク/リモートワークは、出社時間や退社時間を気にせず仕事できる一方、ズルズルと夜型になってしまい生活リズムを崩してしまう可能性も。そうならないためにも決まった時間にベッドに入り、睡眠をしっかりとるよう心がけましょう。睡眠には、脳を休めたり、ホルモンバランスを整えたり、免疫力を向上させたりする効果もあると言われています。

「快眠・快食・快便」は、健康維持の秘訣としてよく言われていますね。

湯船につかる

入浴の効果は大きく3つあると言われています。まずは、温浴効果。体が温められて血のめぐりがよくなることで、血液中の老廃物や二酸化炭素の排出を助けてくれます。2つ目は、水圧効果。水圧によるマッサージ効果で血液や体液の流れがよくなり、むくみ解消にも効果があると言われています。3つ目は、浮力効果。水の浮力により、体を支えていた関節や筋肉が重みから解放され、全身がリラックス状態になり、副交感神経を優位にしてくれます。

また、体が温まると、基礎代謝や免疫力、体内酵素の働きが上がるとも言われています。

ツボを押す

東洋医学で「経穴」と呼ばれるツボ。刺激することで、体本来の自然治癒力や免疫力を高めて病気の治療や予防に効果があると言われています。なんと、人間の体には約360か所のツボがあるそうです。

大正製薬「疲れに効くコラム powered by リポビタン」というWebサイトで、目の疲れや肩こりなどに効果があるツボがイラスト付きで紹介されています。参考にしてみてください。

参考:1日の疲れはツボ押しで回復しよう!
https://brand.taisho.co.jp/contents/tsukare/detail_97.html

まとめ

明日から始まるゴールデンウィークを「ステイホーム週間」にしようという機運が高まっています。仕事はお休みでも、自宅で過ごす時間は多くなりそうなので、今回の記事を参考にしてみてください。

関連記事