急拡大のリモートワーク、働き方の定番となるのか

2019年4月に施行された働き方改革関連法案は、それまで当たり前とされてきた働き方、仕事の在り方を見直すきっかけとなりました。そして2020年、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、在宅勤務、テレワーク、リモートワークと呼ばれる「出社しない働き方」を採用する企業が一気に増えてきました。急拡大するリモートワークについて、考えてみたいと思います。

リモートワークとは?

リモートワークは「リモート(remote=遠隔)」と「ワーク(work=働く)」を合わせた単語で「遠く離れた場所で仕事をする」という意味で使われます。インターネットなどの通信手段を活用して時間や場所に縛られずに働く働き方のことを指し、特に「どこで働くか」という場所は問われません。

業種や業態、職種によってリモートワークができる仕事と、できない仕事があります。例えば、大工さんは建築現場に行かないと仕事にならないでしょうし、看護師さんは病院に出勤しないと仕事にならないでしょう。

テレワークとの違いは?

テレワークは「テレ(tele=遠く)」と「ワーク(work=働く)」を合わせた単語で、こちらも「遠く離れた場所で仕事をする」という意味です。リモートワークとテレワークは、ほぼ同じ意味として使われます。若干、ニュアンスの違いがあるとすれば、リモートワークは「人と人が遠く離れている状態」、テレワークは「オフィスから遠く離れている状態」という感じでしょうか。

自宅で仕事をする在宅勤務、好きな場所で仕事をするノマドワーカー、いつでもどこでも仕事をするモバイルワーカーも、広い意味でリモートワーク・テレワークに含まれる働き方です。

リモートワークをするために必要なモノ・コト

基本的には「必要なツールをセキュアに使える環境」があればOK。すぐにでもリモートワークは始められます。業種・業態・職種によって「必要なツール」は異なりますが、最低限インターネット環境とパソコン、携帯電話は必要になるでしょう。

リモートワークでは、これまでオフィス内でやっていたやりとりを、お互いに離れた場所でやっていくことになります。普段使っているツールをリモートワークで使えるツールに置き換えていけば必要な準備は整います。

  • 内線電話→チャットツール
  • 会議室→Web会議システム
  • ホワイトボード→オンラインホワイトボードツール
  • タイムカード→勤怠管理システム

など。

また、会社から支給されたパソコンではなく自宅のパソコンを使う場合は、ソフトウエアのライセンスをどうするか、どのウイルス対策ソフトを使うかなどをクリアにしておく必要があります。

ただし、自社内の物理サーバーでイントラネットを運用していて社内の専用回線でしかアクセスできないといった場合は、企業のシステム担当者にプライベートクラウドなどの代替手段を用意してもらう必要があります。

リモートワークの働きやすさ、働きづらさ

リモートワークの良さは、好きな場所で好きな時間に働けること。自宅なら通勤時間ゼロ、スーツに着替える必要もありません。しかしリモートワークは働いている姿が見えづらいため、働きぶりは仕事の進捗や成果物で判断されます。

メリットを感じながら結果を出していくには「いつまでに何をするか」だけでなく、タスクを細分化・具体化して「今日はどこまでやるか」、日々のゴールを設定しておくことが大切です。「あの仕事できた?」と聞かれたとき「まだ終わっていない」と答えるよりも「この部分のここまで終わった」と答えるほうが、上司やチームメンバーも安心できます。そのためにも「この作業はこのくらいの時間でできる」と、おおよその時間配分を計算できるようにしておくといいでしょう。

また、リモートワークは多くの場合、自宅などで一人きりで仕事を進めていくことになると思います。実際リモートワークをしている人からは「作業中に話しかけられないから仕事がはかどる」、「本当に必要な会議だけするようになって、会議の本数が減った」といった感想も聞こえます。仕事に集中できる環境が、業務効率を向上させてくれるようです。

一方で、物理的なコミュニケーションの量はどうしても減ってしまいがち。「みんなでワイワイやるのが楽しかったのに、まわりに人がいなくて少し寂しい」という感覚を抱く人もいます。

同じオフィスで仕事をしていると無意識のうちに空気を読んだり、仲間を気にかけたり、ついつい雑談をしてしまったりします。こうしたコミュニケーションは「チームで仕事をしている」という実感につながると同時に、人間関係や意思疎通をスムーズにしてくれる潤滑油のような役割も担っています。目と目を合わせてコミュニケーションできない点は、リモートワークのデメリットとして挙げられますが、LINEやビデオ会議ツールだと言いたいことは伝わらないでしょうか。代替手段はいくらでもありそうです。

全社員リモートワークという株式会社ソニックガーデンの代表、倉貫義人さんは自身のブログで「一人きりで考えないで、気軽に相談できる関係性」、「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)よりも、ザッソウ(雑談・相談)」が重要だと強調します。かしこまらずにちょっとした会話(雑談)ができる関係性があれば「こんな簡単なことを相談してバカだと思われないか」などの心理的ハードルも下がり、結果的にチームがうまく回っていくはずだと言います。

参考:株式会社ソニックガーデン 代表 倉貫義人のブログ「SocialChange」
https://kuranuki.sonicgarden.jp/

まとめ

物理的に離れた場所にいても、心理的な距離は近くに感じられるリモートワーク環境があれば、誰かのところで仕事が止まってしまう、隣のデスクにいないからやりづらい、チームとしてうまく機能しない、という不安は解消できそうです。リモートワークが新型コロナの「一時しのぎ」の働き方になるのか、定番の働き方として定着していくのか。すぐに答えは出ませんが、特にパソコンを使って仕事をしていくWeb業界では、定着していく可能性は十分にあると思います。