Shifterとは?メリット・デメリットも細かく解説!

WordPressはCMSの中で全世界的に圧倒的なシェアを誇っていますが、懸念事項もあります。その懸念事項を解決してくれるサービスがShifterです。今回は、Shifterの利用方法や特徴、メリット・デメリットについてまとめました。以前お届けした以下の記事も併せてご覧ください。

本記事はKROWL MAGAZINE編集部が独自でまとめたものです。最新の公式情報はShifterのサイト( https://www.getshifter.io/ja/ )をご覧ください。

Shifterとは

ShifterはDigitalCube社が提供し、WordPressを超高速・安全・メンテフリーにするオンラインサービスです。Shifterの特徴は、WordPressの機能を必要な時にしか使用しないことにあります。

Shifterの利用方法

まずShifterの仕組みは「Shifterを起動して、その中に存在しているWordPressに投稿をして、静的サイトを作成する。」というものになります。そのため、Shifterを始めるには

  • Shifterを通して新しくWordPressに投稿する場合
  • 以前使用していたWordPressの投稿をShifterを通して投稿し直す場合

という2通りの始め方があります。以下ではShifterを起動して静的なサイトを作成するまでの手順をご紹介します。


1. Shifterのアカウントを作成する

Shifterの公式サイトから「ユーザーネーム」「メールアドレス」「パスワード」を登録し、アカウントを作成します。

2. サイトを作成する

作成したアカウントでShifterにログインします。Shifterの料金プランを選択した後、静的サイトを作るために新しいサイトを作成します。(ここでのサイト作成の意味合いは「WordPressを管理するためのサイト」を作ることです)

3. WordPressの管理画面へ

作成したサイトが表示されると、画像右上のピンク色のボタンが「Stopping 
WordPress」となっており、WordPressが起動している状態です。その左隣の「Dashboard」をクリックしてShifter内のWordPressの管理画面に移動します。

4. 静的Webサイトを作成する

WordPressの管理画面が初期設定で英語になっていますが、「Settings」で日本語に変更可能です。これで準備は整ったので、管理画面から投稿することで静的Webサイトの作成ができます。

5. 静的サイトデータを作成する

投稿が完了したら、Shifterの「サイト」の画面に戻ります。「Generate Artifact」からサイト全体のコピーを作成します。この作業により、静的サイトのHTMやCSS、サイト全体のデータを保存しておくことができます。作成する「Artifact」は後からロールバック(サイトデータを異常発生前に戻すこと)ができます。

Shifterの特徴

特徴1:必要な時にのみWordPressを起動する

コンテンツの作成や更新時など、必要な時のみWordPressを起動し、その機能を使用します。そのため、WordPressやテーマ、プラグインなどのセキュリティホールを突かれる心配が少なくなります。

特徴2:静的HTMLファイルを作成し、CDNで配信する

ShifterはWordPressで構築された動的なWebサイトから、静的なHTMLファイルを生成します。生成されたHTMLファイルはAWS(Amazon Web Services)が提供する超高速なグローバル*CDNにより配信されます。

※CDN:「Content Delivery Network」の略。同一のコンテンツを、多くのユーザーの端末に効率的に配信するための仕組み。

Shifterのメリット・デメリット

メリット

  • 表示速度が優れている
  • 安全性が向上する
  • 保守性が向上する

表示速度が優れている

従来のWordPressはフロントエンドとバックエンドが一体化されているため、Webページのアクセス時にはデータベースの参照が発生します。ShifterはWordPressで作成されたWebページから静的なWebページを作成するため、データベース参照がなくなり、表示速度が向上します。

また、前述した通り、ShifterはAWSを利用しています。AWS(Amazon Web Services)はAmazon社内のビジネス課題を解決するために生まれたサービスであり、様々な企業がこのサービスを利用しています。世界中から集まる膨大なアクセスにも対応しているAWSを利用していることで、Webサイトにアクセスが集中した際にも安心です。

安全性が向上する

WordPressは世界で最もシェアの大きいCMSであるため、WordPressの脆弱性を突いた攻撃も横行しているのが現状です。Shifterは、ページを作成する時のみ、WordPressの機能を使用するため、攻撃のタイミングを物理的に減らすことができます。

▼参考:WordPressサイトの改ざん被害は150万件超に「最悪級の脆弱性」
https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1702/13/news045.html

保守性が向上する

既存のWordPressサイトをShifterに移行させた場合でも、今まで使っていたWordPressテーマを引き続き利用できる上、Shifterのサービス内で生成されるアーティファクトと呼ばれるWebページ全体のコピーが残り、*ロールバックも可能です。
また、DigitalCube社は日本企業なので、日本語サポートも充実しています。

※ロールバック:システム障害やデータの喪失、破損などが起きた際に、以前に正常に稼働していたある時点の状態に戻して復旧を試みること。

デメリット

  • WordPressの起動およびコンパイルに多少時間がかかる可能性がある
  • 動的コンテンツは使用できなくなる
  • 移行作業が必要となる

WordPressの起動およびコンパイルに多少時間がかかる可能性がある

通常のWordPressは管理画面にログインして、Webページの公開や更新作業をするとすぐに反映されますが、ShifterではまずWordPressを起動させる時間がかかります。また、WordPressで作成されたWebページから静的なWebページへ出力される時間もかかります。

実際にShifterを利用してみたところ、WordPressの起動におよそ数十秒〜数分程度、静的なWebページの出力に数分~数十分かかりました。利用環境やWebサイトのボリュームによって所要時間は変わってくるかと思いますが、少し待ち時間が必要だということを念頭に置いて利用した方が良いでしょう。

そのため、毎日頻繁にページ更新をするWebサイト(例:ニュースサイトなど)よりは、さほど頻繁にページ更新をする予定がないWebサイト(例:コーポレートサイトなど)のほうがShifterの良さを活かせるかもしれません。

動的コンテンツは使用できなくなる

WordPressのプラグインで用意されているフォーム送信や、コメント機能、ページ内検索などの動的コンテンツは利用できなくなる可能性があります。その場合はJavaScriptやPHPなどで代替機能を実装する必要があるかもしれません。Shifterのブログで紹介されていた記事によると、フォームはWP Serverless Formsで置き換えが可能です。

▼Introducing WP Serverless Forms and support for CF7!
https://support.getshifter.io/en/articles/1647581-introducing-wp-serverless-forms-and-support-for-cf7

移行作業が必要となる

既存のWordPressで作成されたWebサイトをShifterへ移行させる際には、未使用のWordPressのテーマ・プラグインの削除やデータベースの移設などの作業が必要になります。Shifter側で用意しているWordPress上へ、既存のWebサイトを載せ替えるイメージです。また、現在の環境がShifter上で動作するか、事前調査や移行後のWebページ検証作業が必要となります。

まとめ

今回はShifterの特徴とメリット・デメリットを紹介しました。今回ご紹介した情報は、2020/3/5時点の情報であり、今後変更となる可能性がございますので、気になる方は、ぜひShifterの公式サイトをチェックしてみてください。

関連記事