ヘッドレスCMSとは?メリット・デメリットも細かく解説!

ヘッドレスCMSという言葉をご存じでしょうか?CMSは聞いたことがあるけど、ヘッドレスCMSは聞きなれないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ヘッドレスCMSの概要と共に、メリット・デメリットなども細かく解説していきたいと思います。以前ご紹介した、WordPressってなに?初心者でも気軽に利用できるWebサイト制作ソフトの記事と併せてご覧ください。

従来型のCMSとヘッドレスCMSの違い

従来のCMS

WordPressに代表されるような従来のCMSでは、文章や画像などといったコンテンツデータを表示させるWebページ(=フロントエンド)と、そのコンテンツデータを管理しているシステム(=バックエンド)が1つに統合されています。

もう少し具体的に言うと、バックエンド側ではコンテンツデータのみならず、フロントエンド側で利用するテンプレートも管理している状態なのです。そのため、フロントエンド側では、バックエンド側の事情(独自のルールやバックエンドの使用言語など)にあわせてテンプレートを作成したり改修したりする必要があります。

ヘッドレスCMS

ヘッドレスCMSでは、フロントエンドとバックエンドが完全に分離している点が大きな特徴です。詳しいメリット・デメリットは後述しますが、フロントエンドとバックエンドを分離させたことで、各々を集中して開発しやすくなりました。

フロントエンド側はバックエンド側の事情を気にすることなくWebページの開発ができますし、バックエンド側でもコンテンツデータの管理に集中することができます。 表示するWebサイトそのものと、データを管理する機能を分離させることで、Webサイトの作成・管理と、コンテンツの作成・管理を別々に行うことができるようになりました。

ヘッドレスCMSの仕組みとしては、フロントエンド側で必要なデータをAPI(Application Programming Interface)を介してバックエンド側から呼び出しています。 従来のCMSのようなテンプレートという概念がなく、必要なデータだけを必要な時に取り出してくる、というイメージです。テンプレートがなくなりフロントエンド開発の自由度が高くなったので、Webページだけでなく、アプリなど様々な形でコンテンツを公開することができます。

ヘッドレスCMSってなに?

ヘッドレスCMSの「ヘッド」とは「表示する画面」を示します。つまり、ヘッドレスCMSとは「表示する画面(=管理画面)が無いCMS」ということです。

フロントエンドとバックエンドが分離したので、その両者を繋いで統合的に管理していた管理画面が不要になったのですね。

ヘッドレスCMS の種類

ヘッドレスCMSの種類もたくさんありますが、中でも主要なヘッドレスCMSをピックアップしました。特に、WordPress REST APIはWordpressを利用したことがある方であれば使いやすいと思います。

ヘッドレスCMSのメリット・デメリット

メリット


  • デザインや仕様の制約が軽減される
  • フロントエンドとバックエンドの分業ができる
  • 静的なWebサイトと動的なWebサイトの切り分けができる
  • フロントエンドの仕様変更が簡単に行える
  • 様々なチャネルへ配信可能

デザインや仕様の制約が軽減される

従来のCMSではCMS上で作成されたデータ以外にWebページも自動で管理されます。例えば、WordPressの場合、記事を投稿すると自動的にWebページが生成されます。

しかし、ヘッドレスCMSの場合はコンテンツ(データ)のみを管理するため、Webページ自体は一般的な他のサイトと同じように作成し、別管理することができます。

そのため、CMS独自のルールに縛られることなく、自由度の高いデザインや仕様で開発することができます。

フロントエンドとバックエンドの分業ができる

従来のCMSではフロントエンドとバックエンドが一体化されていましたが、ヘッドレスCMSを利用することで、コンテンツの利用方法を、参照側のフロントエンドと参照元のバックエンドでそれぞれ切り離して考えることができます。

静的なWebサイトと動的なWebサイトの切り分けができる

ヘッドレスCMSの基本的な仕組みは、APIを利用して必要なデータを必要な場所にだけ呼び出す、というもので、あたかもプラグインを使っているような感覚です。

そのため、最初は静的に構築したWebサイトに後からヘッドレスCMSを組み入れて動的なWebサイトに切り替えるということもできます。

また、Webサイトのうち、特定のページのみ動的なWebサイトとして取り扱うこともできます。

フロントエンドの仕様変更が簡単に行える

従来のCMSの場合、仕様変更を行うと場合によってはWebサイト全体に影響を及ぼす可能性がありますが、ヘッドレスCMSを用いることで従来のWebサイトと同様、各ページごとに仕様変更を行うことが可能です。

様々なチャネルへ配信可能

APIを介することで、Webページだけでなく、Webアプリ、デジタルサイネージなど様々なチャネルへ情報を配信することができます。

企業やサービスの戦略として、マルチデバイス・マルチチャネルに対応したい、同じ情報をそれぞれのデバイスやチャネルにフィットさせた形で配信したい、というニーズがあった場合、ヘッドレスCMSの利用もひとつの選択肢になり得るでしょう。

デメリット


  • 管理情報をどこに持つべきか検討が必要
  • 統計情報の収集が従来と異なる
  • APIの管理が必要となる
  • 従来のCMSの機能が使えなくなる可能性がある
  • 開発内容が専門的になり、開発工数が増加する

管理情報をどこに持つべきか検討が必要

ヘッドレスCMSを使う場合でも、CMS上のコンテンツ情報へアクセスするためのログインユーザーやパスワードなどの情報が必要となります。このような管理者以外に見られたくない情報をどこで管理すべきか検討する必要があります。

統計情報の収集が従来と異なる

例えばWordPressの場合、作成されたWebページごとにGoogle Analyticsでアクセス数などの統計情報を収集することができますが、ヘッドレスCMSでアクセスされる情報はあくまでコンテンツ情報であり、Webページではないため統計情報の収集方法を別途策定する必要があります。

API管理の必要性が生じる

ヘッドレスCMSのAPIのバージョンアップやライセンスなどの管理が必要となります。また、APIへの同時アクセスに対するパフォーマンスなどの品質管理も別途必要となります。

従来のCMSの機能が使えなくなる可能性がある

今まで使い慣れていたエディタやプラグインなどが利用できなくなる可能性があります。そのため、今までより記事の作成に時間を費やす可能性があります。

開発内容が専門的になり、開発工数が増加する

従来のCMSの導入よりも、ヘッドレスCMSの方が専門的な知識が必要となり、場合によっては開発工数が増加してしまう場合があります。

まとめ

今回はヘッドレスCMSの概要とメリット・デメリットを紹介しました。ヘッドレスCMSを導入する際には、まず従来のCMSの仕組みを理解した上で、再度メリット・デメリットを比較し、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事