優秀な人が多く育つWebディレクターの置かれる環境とは

事業会社しかり、制作会社しかり、第一線で活躍するWebディレクターは優秀な人が多いです。特に小さい規模の会社には「エース社員」と呼ばれるディレクターがいて、プロジェクトを牽引し、受託や自社サービスの事業を支えているケースがあります。
時にスキルや信頼が個人依存しすぎて、逆にリスクになるケースがあるくらいの状況もあり得ます。そんな社員が育つWebディレクターの環境とはどんなものなのでしょうか。

イニシアチブが要求される環境

一つは常にイニシアチブが要求される環境です。

Webディレクターは経営者と同じく、孤独を感じやすいと言われますが、理由としては、そのやり方を誰からも教わりにくい環境にあります。答えが無い環境もケースとして多く存在するので、自分自身の力で調べて、解決しなければいけない場面も多くあります。

例えば、上司、クライアントの要望を実現するのに、制作チーム・開発チームとの意見が食い違ってしまう場合や、技術的に難しい場合、ディレクターがチームとして別の答えを用意する必要があります。
その際、最も必要な要素がイニシアチブです。このイニシアチブを持つ責任感こそ、ディレクターとしてチームを牽引する大切な要素になります。

 

トラブル対応のための環境

そして、もう一つはトラブル対応のための環境です。

繰り返し前述していると思いますが、Webディレクターの業務範疇は幅広く、また常に手早く環境を整える必要があります。
何か不具合が起きた際にはユーザー、上司、クライアント、制作、開発チームと様々な調整が必要になってきます。しかも全て早急に正確に、です。
そんな際に、復旧までのルートを正確に把握し、各所必要な情報を正しく伝えることが最も重要です。

 

まとめ

先に挙げました2点は、どのような行動を取るかという点において、Webディレクターとしての重要な資質が鍛えられる環境があります。
これは経営者の環境と非常に良く似ています。
優秀なWebディレクターは、そもそも大変な環境を作らないような準備を整えつつ、有事に備えていつでも課題を切り分けて、バックアップできる体制を維持しています。そのような環境を整えているからこそ、イニシアチブを持って、新しいことを提案できる攻めの環境を作り出しています。

様々な立場の異なる人々を横断し、トラブルが多い環境だからこそ、優秀だと言われる素養が身に付きやすい成長環境と言えるのです。

関連記事