動画広告は、動画プラットフォームのものだけじゃない!?

インターネット広告は、集客の有効手段として多くのWebサイトで利用されています。ディスプレイ広告やリスティング広告、SNS広告、動画広告など、さまざまな種類のインターネット広告があります。今回は動画広告について解説したいと思います。

動画広告は、大きく分けて3種類

動画広告とは文字どおり「動画を使った広告」です。最大の特長は、文字や画像よりも多くの情報を伝えられる点。情報量の多さは訴求力の高さにつながり、高い効果が期待できます。どこに掲載するか、どう再生するかによって大きく3種類に分けられます。

インストリーム広告


YouTubeやAbemaTV(Abemaビデオ)、TVerなど、動画コンテンツの再生前後や再生中に表示される動画広告。インストリーム広告には、動画を途中でスキップできる「スキッパブル広告」とスキップできない「ノンスキッパブル広告」があり、広告料金の算出方法も2種類あります。

  • CPV(Cost Per View:広告視聴単価):広告の動画を規定の秒数まで(YouTubeの場合は30秒。30秒未満の場合は最後まで)再生した、または動画再生中に設定されたリンクをクリックするといった操作をしたことを1回の視聴とカウントし、視聴回数に応じた広告料金を算出する方法です。
  • インプレッション単価:広告の動画が表示された回数で算出する方式です。

YouTubeの場合、スキッパブル広告(スキップ可能なインストリーム広告)はCPVとインプレッションの両方から選べますが、ノンスキッパブル広告(スキップ不可なインストリーム広告)では、インプレッション単価のみとなっているようです。

インバナー広告


媒体側で用意している広告枠に配信される動画広告。バナー広告の中身が動画になっているものをイメージするとわかりやすいです。インストリーム広告に対して「アウトストリーム広告」と呼ぶこともあります。動画をスキップできないものが多く、自動で再生が始まるもの、クリックして動画再生が始まるもの、無音で再生が始まりクリックして音声をオンにするものなど媒体側のレギュレーションによって再生方法が異なります。

インリード広告


閲覧しているコンテンツの途中に表示される動画広告。画面をスクロールしている途中に現れることから「インスクロール広告」とも呼ばれています。インバナー広告同様「アウトストリーム広告」の仲間です。インバナー広告ではスクロールした位置に掲載さている動画でも再生が始まってしまうのに対し、インリード広告は画面に表示されたところで広告の動画が再生される点が特徴です。そのため動画の先頭から見てもらうことが可能になります。

コンテンツになじむ形で表示されるインリード広告は、広告したい内容と親和性の高いコンテンツで配信することで、より高いインタラクションが期待できます。

おさえておきたい動画広告のプラットフォーム

動画広告、特にインストリーム広告がアツいと思う動画配信プラットフォームをKROWL MAGAZINE編集メンバーが独断で選んでみました。

YouTube


  • 毎月20億人以上のログイン済みユーザが利用 ( YouTubeブランドの使用について より)
  • 1日あたりの動画視聴時間は10億時間  ( YouTubeブランドの使用について より)
  • 1日あたりの動画視聴回数は数10億回  ( YouTubeブランドの使用について より)

Googleが運営するUGC(User Generated Content)型の動画共有サイト。総務省「平成30年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によると、全年代※の75.7%が利用経験あり(10代だと91.5%、20代だと92.8%)という数字もあるほど幅広い年齢層が利用するプラットフォームです。配信できる広告は、スキップ可能なインストリーム広告、スキップ不可のインストリーム広告(15秒以下)、TrueViewディスカバリー広告(動画+テキスト)、アウトストリーム広告、バンパー広告(6秒以下のスキップできない広告)、YouTubeマストヘッド広告(PCは最大30秒、モバイルとテレビは時間制約なし)があります。
※10代~60代が対象

参考:Google広告ヘルプ:動画広告フォーマットの概要
https://support.google.com/google-ads/answer/2382888?hl=ja

参考:「平成30年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」の公表
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000082.html

参考:SNS動画広告でYouTubeが選ばれる理由と効果、注意点を知ろう
https://context-cnaps.com/blog/reason-youtube-is-seceted/

参考:YouTubeブランドの使用について
https://www.youtube.com/intl/ja/about/press/

Yahoo! Japan


  • 月間ページビュー:約700億
  • スマホのMAU(Monthly Active User):6,270万(2019年1月〜6月。Yahoo! JAPAN媒体資料より)
  • パソコンのMAU(Monthly Active User):2,140万(2019年1月〜6月。Yahoo! JAPAN媒体資料より)

日本のインターネットユーザーの9割をカバーする日本最大級のメディア。毎月7,000本の動画を提供する動画メディアとしても成長し、動画視聴数は1カ月23.7億回を超える。Yahoo! 広告のディスプレイ広告(YDN)では、Yahoo! JAPANやGYAO!をはじめとする提携サイトに動画広告を配信でき、インストリーム広告、アウトストリーム広告(インバナー広告)どちらも配信できる。性別・年齢・地域、検索履歴、サイト訪問履歴などによるターゲティングが可能。

参考:Yahoo! 広告
https://promotionalads.yahoo.co.jp/

参考:2019年抑えておきたい、YDN『動画広告』徹底解説!
https://value-creation.jp/knowledges/ydn_moviead/

参考:Yahoo! JAPAN媒体資料
https://marketing.yahoo.co.jp/download/

AbemaTV(Abemaビデオ)


  • アプリダウンロード数:4800万以上(2020年1月)
  • MAU(Monthly Active User):2,200万(2019年6月)

プロの制作陣による動画コンテンツを番組編成型で配信しているテレビ型サービス。生放送の報道番組からドラマ、アニメ、スポーツなど約20チャンネルをラインアップしている。配信できる広告は15秒、30秒、60秒のインストリーム広告。年齢層、性別、地域、視聴チャンネル、視聴番組などでターゲティングが可能。

参考:AbemaTV Ads
https://ad.abematv.co.jp/

参考:AbemaTV 新規投資家向け資料
https://www.cyberagent.co.jp/ir/library/ataglance/

TVer


  • アプリダウンロード数:2,200万以上(2019年10月)
  • MAU(Monthly Active User):947 万(2019年11月)

民放テレビ局が連携する公式テレビポータルサイト。各局の好きな番組を、好きな時に、好きな場所で、好きなデバイスで、放送終了から7日間、自由に視聴できる見逃し配信サービス。約250番組を無料配信している。配信できる広告は、6秒~180秒までのインストリーム広告。複数の番組に配信するランダム型のほか、特定の番組を指定する番組指定型、DSP(Demand-Side Platform)を介して配信するPMP(Private Market Place)型があります。

参考:TVerについて(利用状況、メディアガイドなど)
https://tver.jp/info/about.html

参考:TVer NEWS RELEASE
https://tver.jp/pdf/TVer_release_191023.pdf

まとめ

動画広告と聞いてインストリーム広告を思い浮かべる人も多いと思いますが、インバナー広告やインリード広告もあります。動画広告は動画プラットフォームだけのものではなく、さまざまな媒体で伸びていく可能性があるという点を理解しておくとよいでしょう。

関連記事