Webディレクターの必要性を知っておこう

「KROWL MAGAZINE」を読んで頂いている皆さんの中にも、Web業界を志望している方がいらっしゃるかと思います。
ただ、残念なことに、Web業界を志望していても、Webディレクターという職業がよくわからない、と思う人も多いのが現状です。
Webディレクターは、自分一人でものづくりを行うことは基本的にありません。
Webデザイナーのように、情報設計をしてグラフィックや、Webサイトのレイアウトをつくったり、エンジニアのようにシステムや、Webサイトを動かすプログラムを書いたりという作業が無いからです。

Webディレクターはチーム全体のマネジメントリーダー

Webディレクターの仕事はチームを作り上げ、方向性を示して、チームを誘導することです。
チーム全体のマネジメント、リーダーと考えるとわかりやすいかもしれません。

Webデザイナーやエンジニアが、作り上げた各パーツを組み合わせてサービスを作り上げ、そもそもプロジェクトの目的が達成されるのか、プロジェクトが意図しているものとズレがないか、などを確認したりするのが主なミッションです。
大雑把に言ってしまうと、プロジェクトを成功に導く請負人なのです。

 

なぜWebディレクターが必要なのか

デザイナー、エンジニアだけでもWebサイトは作ることができる。
では、なぜWebディレクターというポジションが必要なのでしょうか。

それはチームを組成し、常に同じ認識を持たせるためのコミュニケーションが必要だからです。
もちろん、チームにはクライアントも含まれます。クライアントが本当に達成したい目的をぶらさずに、Webサービスへと落とし込んで、デザイナーやエンジニアと一緒に形にしていきます。
また、チーム内のモチベーション管理も重要な役割の一つです。
スポーツ系の部活を経験したことがある人はわかると思いますが、例えば大会で優勝するには勝つ!という気持ちを、チーム内で持続させ続ける必要があります。Webディレクターはプロジェクトにおいて、絶対に成功させるんだ!というチーム全体の気持ちを持続させる役割なのです。
そのため、Webディレクターはプロジェクトを成功させるために、重要なポジションだと言えます。

 

まとめ

Webディレクターがいることでチームのコミュニケーションが円滑になり、意思の統一ができてきます。
結果として、プロジェクトの成功まで、チーム全体が迷うことなくまっすぐ進むことができるようになります。

また、チームメンバーのモチベーションコントロールを行い、より良い質のOutputを生み出すために、さりげない気遣いや気配りをしていきます。
専門性がないということで、悩んでいる学生も多々いると思いますが、気配りや目配りが得意だったり、立場が異なる同士の間を円滑にするコミュニケーションが得意な友達が就活で悩んでいたら、ぜひWebディレクターをオススメしてください。きっと活躍できる環境がありますよ。

 

関連記事