Webサイトの運用担当からWebデザイナーに転身!必然的にたどり着いたデザイナーの道

今回は、現在UI/UXデザイナーとしてご活躍されている、山崎 真子さんにインタビューさせていただきました。

山崎 真子(ヤマザキ マコ):UI/UXデザイナー
人材系サービスのWebサイト運用担当・制作ディレクターを経て、Webデザイナーに転身。現在はフリーランスとしてWebからアプリ、グラフィックなど幅広いデザインに携わる。

必然的なデザインとの出会い

-これまでのご経歴はどのようなものでしたか

物心ついた頃から、私はサラリーマンとして働いていくのは無理だという思いがあって。 けっこう早い段階から、サラリーマン以外の道で自分の将来について考えていました。

正直な話、サラリーマン以外の選択肢となると、モノづくりぐらいしか自分の道はないと考えていて、消去法じゃないですが必要に迫られてデザインやアートなどに引き寄せられていった感じですね笑

そこから、高校では珍しいデザインを学ぶことのできる公立校に通い、印刷系やWeb系のデザインを学んでいました。周りの友人はそのまま就職して働き始める人も多かったのですが、私はもう少し勉強しようと美術大学に進学し、デザイン学科でグラフィックや動画、アニメーションなどデザインに関わる幅広い分野の勉強をしていましたね。

大学卒業後は就職せず、映像作家を目指して個人の作品を制作していたのですが、全てを1人で作り上げるのがなかなか大変で、その時初めて就職しようという思いになりました。

-そこからWeb業界で働くようになったのですか

その時に就職したのが人材系のサービスを行っている会社で、自社サイトの運用担当として働き始めたのがWeb業界への第一歩でした。

ただ、会社の中にWebの知見を持っている人がいないということもあって、 段々とWebの制作ディレクター兼Web周りの何でも屋みたいになっていましたね。 学生時代にWebデザインを学んでいたり、趣味でWebの勉強をしていたりもしていたので、そのようなポジションになっていったのかと…

そこで、制作進行やスケジュール管理、ワイヤーフレームの作成などWebディレクターの業務を行ったのがWeb制作の本格的なキャリアのスタートでした。

-Webデザイナーになったきっかけはどのようなものでしたか

学生時代に幅広くデザインを学んでいたということもあり、Webデザイナーになりたいという気持ちは元々あったのですが、決意をしたのは人材系サービスの会社でWebディレクションを担当してからです。

ある時、Webページの大まかな要素をワイヤーフレームとして作成し、外部の制作会社にデザインと実装の依頼をしたら、結果的に自分のワイヤーフレームがそのままデザインとして反映されていて。

私が作っていたのはワイヤーフレームではなく、デザインカンプだったみたいなんです。

学生時代にデザインを学んでいたことやWebディレクターを経験していたこともあって、ある程度どのようなポートフォリオを作れば企業に採用されやすいかということがわかっていたので、転職活動はスムーズに進み、晴れてWebデザイナーとしてSESの企業に入社しました。

SESの企業では、2社の大手企業に常駐してWebやグラフィックのデザイナーとして働いていました。デザインの経験を積めたこともそうなんですが、様々な企業の内部を知ることができたので、会社ごとの雰囲気や組織の成り立ちなど、色々と勉強になりましたね。

その後は事業会社に転職して、昨年の12月末までアプリのリードUI/UXデザイナーに従事していました。

ビジネスとしてのデザイン

-現在はどんな仕事をしていますか

1月からはフリーランスとして働いているのですが、12月末まで勤めていた事業会社ではアプリのディレクションやUI/UXデザインを行っていました。

今まではWebやグラフィックのデザイン経験しかなかったのですが、アウトプットのルールが多少違うとはいっても、デザインとしての考え方はそこまで変わらなかったので、 割とすぐに馴染むことができました。

これからはフリーランスとして、週3日企業に常駐してWebデザインをしたり、個々で受注しているディレクションやデザインの案件を行なっていきます。

-仕事の中で心がけていることは何ですか

Webやアプリの制作時、デザイナーとして心がけていることは、ユーザーが使いやすいデザインを制作し、最終的に会社のビジネスに貢献するということです。

デザインはあくまでも手段であり、そこには目的が存在します。
例えば、会社が抱える課題の解決やビジョンを体現することなど。

自分が美しいと思ったデザインでもそれがユーザーにとっては使いづらかったり、会社のビジネスに貢献していなければ意味をなさないと考えています。

また、デザインを担当する上でスキルや経験に関わらず、1人のデザイナーとして自分に自信を持ち、任された仕事を全うすることを心がけています。自信がなくて人任せになっていたらそれこそパフォーマンスは下がりますし、デザイナーが少数の現場だとなおさらプロジェクトに悪影響があると考えています。

あと、プロジェクトが円滑に進むようにチームのメンバーとしっかりコミュニケーションを取ることを心がけていますね。特にWeb業界って職種も様々ですし、個性豊かな人が沢山いるので、良好な関係性を築きそれぞれの個性を理解しておくことは、制作を共にする上でのメリットしかないと考えています。

-最も印象に残っている仕事はどのようなものでしたか

最も印象に残っているのは、昨年の12月末まで働いていた事業会社での仕事です。

初めてのアプリデザイン、初めてのアジャイル開発(※注釈1)でしたし、一緒に仕事をしていたエンジニアは日本語でやり取りできない外国の方ということもあって最初は少し不安でした。

ただ、短いスパンでプロダクトを作っては改良していくという、アジャイル開発特有のスピード感のある現場で充実した日々を過ごすことができました。

私はほとんど英語を話すことができないのですが、仕事をしていく中で信頼関係を築けたことやエンジニアの方が有能だったこともあり、無事に納品することができました。

チームのメンバーがみんな明るく、良いテンションで仕事をすることができたので、とても楽しい現場でしたね。


注1.計画・実装・リリースのサイクルを繰り返し、定期的にアップデートしながら完成を目指す手法

戦略立案からデザインまで

-これからどのような仕事をしていきたいですか

デザインだけでなく上流工程から携わる、コンサルタント的な仕事をしていきたいと考えています。 私自身デザインをしていくと、ここはこうした方がいいのにと色々気になってしまうことがあって…

依頼された通りにやるだけでなく、戦略立案の部分から携わり、クライアントの課題解決に最大限貢献するクリエイティブを制作していければと考えています。

-あなたが一緒に働きたいと思う人はどのような人ですか

自分の芯はしっかりと持っている上で、その時の最善の案が自分の考えとは違う場合でも譲歩できたり、トラブルの時にも取り乱さず頭を整理して対応できたりと、何事にも柔軟に考えられる人と仕事をしていると凄く助かります。

-これからWeb・IT業界を目指す方へメッセージをお願いします

Web・IT業界は難しそうというイメージを持っている方も少なくないと思います。

ただ、実はいろんな経歴の方が入ってきている業界ですので、やってみたいと思ったら臆せず行動してみてください。

関連記事