新卒Webディレクター必見!現場に求められるWebディレクターとは?

数年前までは、社会人1年目の人がWebディレクターを担当することは多くありませんでした。以前はWebデザイナーなどの現場経験をした方がWebディレクターになることが一般的でしたが、今日では、新卒の方が入社してすぐにWebディレクターを担当することが増えてきました。

では、新卒Webディレクターはどんなことに気をつければ良いのでしょうか。今回は新卒Webディレクターが注意すべき点や企業やWebデザイナーに求められるWebディレクターの人物像をご紹介いたします。     

※過去の記事を一部引用しています

Webディレクターの必要性を知っておこう

まずWebディレクターという職業がよくわからない、と思う方もいると思いますが、Webディレクターは自分一人で、ものづくりを行うことは基本的にありません。

Webデザイナーのように、情報設計をしてグラフィックや、Webサイトのレイアウトをつくったり、Webエンジニアのようにシステムや、Webサイトを動かすプログラムを書く作業が無いためだと考えられます。では、具体的なWebディレクターの役割を見ていきましょう。

Webディレクターはチーム全体のマネジメントリーダー

Webディレクターの仕事はチームを作り上げ、方向性を示して、チームを誘導することです。チーム全体のマネジメントを行うリーダーと考えるとわかりやすいかもしれません。WebデザイナーやWebエンジニアが、各パーツを組み合わせて様々なサービスを作り上げた後、そもそもプロジェクトの目的が達成されるのか、プロジェクトが意図しているものとズレがないか、などを確認したりするのが主なミッションといえるでしょう。

なぜWebディレクターが必要なのか

WebデザイナーやWebエンジニアだけでもWebサイトは作ることができます。では、なぜWebディレクターというポジションが必要なのでしょうか。

それはチームを組成し、常に同じ認識を持たせるためのコミュニケーションが必要だからです。もちろん、ここで示すチームにはクライアントも含まれています。クライアントが本当に達成したい目的をぶらさずに、Webサービスへと落とし込んで、WebデザイナーやWebエンジニアと一緒に形にしていきます。また、チーム内のモチベーション管理も重要な役割の一つです。

Webディレクターはプロジェクトにおいて、絶対に成功させる!というチーム全体の気持ちを持続させることが役割なのです。そのため、Webディレクターはプロジェクトを成功させるために、重要なポジションだと言えます。

Webディレクターがコミュニケーションの鍵

Webディレクターがいることでチームのコミュニケーションが円滑になり、意思の統一ができてきます。結果として、プロジェクトの成功まで、チーム全体が迷うことなくまっすぐ進むことができるようになります。また、チームメンバーのモチベーションコントロールを行い、より良い質のOutputを生み出すために、さりげない気遣いや気配りを意識しましょう。

企業に求められるWebディレクターとは?

Webディレクターは、その企業が「制作会社」か「事業会社」で求められる内容が異なります。「制作会社」と「事業会社」のWebディレクターの仕事内容については、以前紹介した、あなたは何タイプ?「制作会社」「事業会社」で異なるWebディレクターの仕事内容とはをご覧ください。

事業会社の場合

事業会社の場合、Webにおけるコンシューマ向けの3つのビジネス(広告、コマース、直接課金)の数値をあげることがミッションになりますので、数値が上がる施策を知っているか、体験しているかがとても大事になります。

そして、システム、経営層、運用など様々な部署を横断して、調整が必要な場合が多くあり、異なる立場でも同じ認識をもたせるロジカルな思考と、分かりやすく伝えるコミュニケーションが必要です。目的は、数値をあげるためのPDCAをいかに効率よく回転させるかという点が非常に重要になり、時にWeb担当者と呼ばれたりします。

制作会社の場合

次に制作会社に求められるWebディレクターですが、上記のような事業会社のアウトソースを担当するのがビジネスになりますので、クライアント先のビジネスへの理解が必須です。クライアントの要望を達成するために、競合や、マーケットの情報、新しいマーケティングの手法や、最新テクノロジーの情報をいち早く入手することも大事になります。

ここではクライアント以上に深くサービスに関わり、プロジェクトを成功に導くことが必要になる場合もあります。

また、クライアントの要望をきちんと形にして、制作・開発チームに正確に伝えるコミュニケーションや情報管理能力が必須です。クライアント、制作スタッフ、開発スタッフをチームに巻き込んでイニシアチブを持ってゴールを目指す指南役としての役割が期待されます。納期遵守の責任感、リーダーシップが最も発揮されるべき能力となります。

デザイナーに求められるWebディレクターとは?

モチベーションの管理

Webデザイナーに限らず、Webエンジニアなど、決まった仕様通りに作業を行なう必要がある立場の人達に共通していえる大切なことは、モチベーションの管理です。

例えばプロジェクトには納期がありますが、仕様通りの内容を期限までに仕上げる必要があるWebデザイナーは、まずWebディレクターとの信頼関係が必要になります。

この信頼は「納期を守ってくれる」というWebディレクターからの一方的な信頼だけでなく、クライアントの要望を形にするために、「的確な指示を出し、出たものをきちんと評価してくれる」というWebデザイナー側からの信頼も含まれています。

双方の信頼を得るために、WebディレクターはWebデザイナーのことを知る必要があるのです。

本質的な情報が見えにくいWebデザイナーの立場を知る

設計のフェーズでは、Webディレクターの意識のほとんどがクライアントへ注がれます。その後、要件が固まると、Webディレクターは、自身が設計した内容が仕様書通りに作られることをWebデザイナーに期待します。

しかし、Webデザイナーの立場としては、クライアントに会ったことが無い場合や、眼前のWebディレクターと初めての取り組む場合など、環境に対しての情報がほぼ無いことも珍しくありません。その状態でクライアントの目的や、実践すべき仕様を汲み取り、状況に応じて変化するWebディレクターの指示を汲み取る必要があるのです。

自身の考えとは異なる指示内容や、突然の仕様変更も、決められた納期通りに仕上げるミッションに変わりはありません。断片的な情報の中では、本質的な目的がなかなか見えてこないのが現実です。そこで、情報を整理し、少しでもWebデザイナーが制作に集中できる環境を作り上げてあげることもWebディレクターの大切な仕事の1つとなります。

Webデザイナーから求められるWebディレクターは、本質的な情報を整理した上で共有し、同じゴールイメージを持たせた上で、Webデザイナーの仕事内容や、Webデザイナーの立場を知り、クライアントと同じ位、理解と意識を高めてくれる要素を持っている人です。

新卒Webディレクターが気を付けること

丁寧なコミュニケーション

一つは会話などの単純なコミュニケーションを丁寧にすることです。

新卒でWebディレクターをすると、どんなに優秀な人でも知識や経験が足りず、うまくいかないことが多々あります。

失敗する回数が積み上がっていくと、どうしても気を張りすぎてしまったり、疲れすぎてしまったりします。そんな時、コミュニケーションは雑になりやすいのです。

Webディレクターにとってコミュニケーションは1番大事と言っても過言ではありません。クライアントや先輩・同期との会話が雑になってくると、能力や経験に関係なく仕事がうまくいかなくなります。

逆に、先輩方は新卒が仕事を失敗するのはわかっていますので、失敗を恐れる事や、後悔する必要はないのです。

どんな時も落ち着いて、メールや会話で丁寧にコミュニケーションをとっていく事が大事です。

「わからない」を放置しない

もう一つは、わからないことをそのままにしないことです。

Web業界で働いていると色々な言葉がでてきます。プログラムなどのテクノロジー関係の言葉はもちろん、マーケティングに関する言葉もたくさんでてきます。

先輩との会話の中や、資料に出てくる言葉でわからないものは放置せずに、その都度調べる癖をつけておきましょう。クライアントやチームメンバーで話す上で、用語の意味がわからないことは致命的です。

またWebディレクターの場合は相手から信頼されることも非常に重要なので、他の職種以上に情報に敏感になっておくべきです。WebエンジニアやWebデザイナーからも、よく理解していると思われるように努力しましょう。

まとめ

今回は、新卒でWebディレクターを目指す人向けにWebディレクターを解説してきました。経験に関わらず、以下の2つのポイントは新卒Webディレクターでも常に心掛けることが大切です。

  • 基本的なコミュニケーションである、会話やメールを丁寧に行うこと
  • 知らないことや理解できないことを放置しないということ

 この2つのポイントを抑えながら新卒である期間を過ごす事は、きっと良いWebディレクターになるための後押しになるでしょう。

Web業界で働くことを目指している人、すでに業界で活躍されている方にも役立つ場を提供していきますので、今後のイベントも是非チェックしてみてください。

関連記事