あなたは何タイプ?「制作会社」「事業会社」で異なるWebディレクターの仕事内容とは!

Webディレクターってどんな仕事をするの?

会社によってWebディレクターの仕事内容は異なるといわれるくらい、Webディレクターの仕事内容は様々です。

今回は制作会社・事業会社のWebディレクターの業務について解説してみたいと思います。会社によっても業務内容は異なりますので本記事も参考程度にお読みください。

※過去の記事を一部引用しています

制作会社でのWebディレクター 

まず制作会社でのWebディレクターの業務内容について説明していきます。

本記事での「制作会社」は他の企業(お客様)から依頼を受けて制作を行う受託制作をメインとした会社と定義します。

制作物としては、コーポレートサイト、キャンペーンサイトなどのWebサイトを制作しています。

では制作会社の“制作”と言われる所は一体何をやっているのでしょうか?

具体的に見ていきましょう。

制作とは?

大きく3つのフェーズに分けて説明していきます。

1. 設計フェーズ

依頼先となるクライアントと話し合いを重ねながら、ターゲットとなる人物像や制作するサイトの目的を決めます。このWebサイトは何のために作って、誰が必要としているのか、抽象的な部分をより具体化することでターゲットを絞っていきます。

ここでいかに具体的に目的を思い描けるかが、今後の制作進行に大きく影響してきます。

その後、話し合った内容を取りまとめて、ターゲットとした人物像に合うコンテンツを決めていきます。コンテンツが決定したら整理した情報をワイヤ―フレームというWebサイトの骨組みとなるものに落としこみます。コンテンツ決めやワイヤ―フレーム作成時には、WebデザイナーやWebエンジニアの意見も参考にしながら進めると、よりクオリティの高いものが作れるでしょう。

2. 制作、開発フェーズ

制作・開発チームにスケジュールを確認してチームを組みます。決められた制作物の公開日や納品日に向けて、WebデザイナーやWebエンジニアのタスク管理を行いながら進行をしていきます。

基本的なクライアントとのやり取りはWebディレクターが行い、デザインやコーディングに対しての確認はもちろん、制作物の責任を持つのもWebディレクターの仕事です。業務では確認が多いですが、制作中のトラブルを防ぐためにも大切です。

3. 運用フェーズ

制作したものを納品して完了となるケースもありますが、Webサイトの場合、制作した後にそのまま運用を任されることも少なくないです。その場合、サイトの設計段階でのヒアリングで、コンテンツやワイヤ―フレームの内容も変わってきますので、事前の確認が大切です。運用業務は幅広いですが、主にニュース記事の更新やサイト内テキストの差し替え、メインビジュアルの変更が多いです。

事業会社でのWebディレクター

次に事業会社でのWebディレクターの業務内容について説明していきます。

本記事での「事業会社」はWebサービスを自社で持ち、開発・運営をする会社と定義します。

制作会社との大きな違いは、サービスに対して自ら戦略をうち、それによって得られる結果の効果測定を行うことです。

この取り組みを“PDCAサイクルを回す”ともいい、行っていることは“運用”がメインになります。

制作会社の説明で紹介した“運用フェーズ”とは少し異なる部分もあるので、その点も踏まえて具体的に何をしているのか見ていきましょう。

運用とは?

こちらでも大きく3つに分けて説明していきます。

1. 戦略

戦略については制作会社の”設計フェーズ”と少し似ている部分があり、訴求したいターゲットを絞ったうえで、どのような施策を打つことが一番効果的なのかを考えていきます。制作会社のWebディレクターとの違いはWebにとらわれないことです。広告の出稿やSNSでの情報配信、Webサイトの改修などの様々な施策がある中で、何が最適なのかを状況に応じて判断し進めていきます。

2. 分析

事業会社のWebディレクターに1番必要とされているスキルが「分析」かもしれません。

戦略を実行したことによって得られた結果を受け、なんとなくの感覚ではなく具体的な数字を読み解いていきます。その後、仮説を立てていくのですが、この時に大切なのが客観的な視線で様々な角度から物事を考えられるかです。数字とは、全体のアクセス数、ページ毎の閲覧数、流入元、ページの滞在時間、離脱した割合などを事細かく出すことが出来ます。1つ1つのデータを見ながらしっかりと考え行動できる能力がとても重要視されます。

3. 改善

分析した中で見えてきた、良い点・悪い点を踏まえて次の手をうちます。この時に施策を手広く出すのではなく、まずは1つや2つに的を絞り道筋を考えながら進むことが大切です。

時間をかけたからといって成功する保証はなく、失敗ももちろんあるので、いかにスピード感を持って取り組めるかがカギになってきます。事業会社の特徴の1つとして、売り上げが直接的に会社の利益に影響するという点において、Webディレクターは制作だけできればいいというわけでもありません。

まとめ

今回は制作会社でのWebディレクターと事業会社でのWebディレクターの特徴をまとめてみました。

同じ“Webディレクター”と肩書がついていても会社によって業務内容が異なることが分かったかと思います。ここでお話した内容はあくまでも大枠を捉えたものとなり、会社によってもまた様々な特色があるので、“Webディレクターになって何がしたいのか“を考えるきっかけにしていただければと思います。


Web業界で働くことを目指している人、すでに業界で活躍されている方にも役立つ場を提供していきますので、今後のイベントも是非チェックしてみてください。

▼イベントスケジュールはこちら
https://krowl.jp/academy/event

関連記事