コピーライターとは?仕事内容〜年収まで徹底解説!

コピーライターと聞いて、どんな仕事をイメージしますか?「テレビCMのキャッチフレーズを考える人」と考える人もいると思いますが、それだけではありません。

今回は、コピーライターの仕事内容や、平均年収など、コピーライターの全容を解説していきたいと思います。

コピーライターの仕事内容

コピーライターは、広告の文章を考えてクライアントの課題を解決する人。マスコミ四媒体(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌)、交通広告、インターネット広告をはじめ、さまざまな広告に掲載する言葉や文章を考えます。企業や商品のタグライン、ネーミング、スローガン、商品パッケージの文章などの開発もコピーライターの代表的な仕事です。

クライアントから依頼を受けた商品やサービスのコピーを書くには「(目的とする行動を起こさせるために)誰に、何を、どう言うか」が重要になってきます。コピーライターはキャッチフレーズやボディコピーなどの言葉を開発する人でもありますが、そのために必要な「どんな広告にするか」というコンセプトを決める人でもあります。ひらめきでキャッチフレーズを開発してそうなイメージもありますが、市場調査や消費行動分析、ターゲット分析などをした上で最適な言葉を選ぶという地道な作業をしています。

広告代理店や広告制作会社には、必ずと言っていいほどコピーライターがいますが、Web制作会社の場合、コピーライターは居たり居なかったりします。理由として、Web黎明期、企業のホームページは会社情報冊子やカタログ、パンフレットなど、すでにあるものをWeb化することが多く、新たに言葉や文章を開発する必要がなかった為です。また、インターネット広告では日々のクリック数を見ながらPDCAを回し、広告の精度を高めていくことが重要なため「これだ!」というキャッチフレーズがそこまで重視されていないことなどが関係しているのかもしれません。そのためWeb業界では、コピーライターよりもWebライターのほうが人数的にも多く活躍しているようです。

コピーライターのやりがい

コピーライターの花形は、マス広告。自分が考えたキャッチフレーズやボディコピーがマスメディアに載ること、そして「あの広告が気になったから買ってみよう」と人々の行動を後押しするきっかけをつくれるのは大きなやりがいです。

コピーライターのキャリアパス

新人の場合は、先輩コピーライターのアシスタントとして広告・宣伝全般の知識を学んでいきます。同じ商品・サービスの競合他社の広告を集めたり、過去の事例を探したり、キャッチフレーズのアイデアを何百本も出したり。先輩たちが仕事をスムーズにできるようサポートしながら仕事を覚え、徐々にコピーライターとして独り立ちできるスキルを身に付けていきます。

コピーライターとして独り立ちして経験を積んでいくと、広告キャンペーン全体を統括するクリエイティブディレクターにキャリアップしていくケースが多いようです。指名で仕事が受けられるようになるとコピーライター/クリエイティブディレクターとして起業する人もいます。

コピーライターに向いている人

文章を書くのが好きであること。コピーライターはひらめきで言葉を選ぶだけでなく、世の中の状況にあわせて効果的な言葉を選ぶ必要があるため、幅広い分野に興味を持てる人、トレンドに敏感な人、物事を様々な角度から見ることができる人も向いています。伝えたいことを短いフレーズに凝縮して伝える仕事でもあるため、自分の考えを整理して伝えられるコミュニケーション力も必要になってきます。

未経験からコピーライターを目指すには?

コピーライターの求人の多くは実務経験者。「実務未経験者OK」の求人もありますが、他の業種と比べると割合は少なめです。未経験の人はスクールなどに通って勉強しながら、スクールの課題やコピー公募の作品採用、クラウドソーシングで受けた仕事などをポートフォリオにしながら、未経験求人に応募するケースが多いようです。

データでみるコピーライター

平均年収は?

コピーライターの年収は実績により個人差があるため平均データが分かりませんでしたが、広告業の平均年収は386万円程度と言われています。

20代:327万円
30代:413万円
40代:489万円
50代〜:538万円


▼参考データ
https://doda.jp/guide/heikin/gyousyu/#anc_job_06


また、あるサイトの口コミ調べでは、平均550万円という数字もありました。
▼参考データ
https://heikinnenshu.jp/creative/copywriter.html

仕事に活かせる経験・スキル・資格って?

特別な資格は必要なく、名乗れば誰でもコピーライターになれます。その分、仕事としていくにはどんなコピーを作ってきたかという実績が重要になってきます。そのため「宣伝会議賞」などの公募で入賞したり、名前の知られた広告賞で入賞したりすると、自分をアピールできるポイントになります。

広告を必要とする業種は、すべての業種です。コピーライターへの転職を考えている人でも、今の業種の経験が生きる場面はあるはずです。

最近の動向(仕事のトレンド、求人量など)は?

コピーライターは、広告コピーを通してクライアントの課題解決をするのが仕事ですが、近年は広告コピーの開発だけでなく、新商品のコンセプト開発やブランディング戦略など、その領域も広がっているようです。また、電通イージス・ネットワークが発表した「世界の広告費成長率予測」(2019年6月改定)によれば、2018年実績でインターネットをはじめとするデジタル広告費のシェアがテレビ広告費を上回ったというデータもあるようで、Web業界でもコピーライターが活躍できるフィールドは広がっていきそうです。

まとめ

今回はコピーライターについて細かく解説してきました。

大手と言われる広告代理店のコピーライターは狭き門ですが、中小の広告代理店や広告制作会社で経験・実績を積み、大手を目指す人もいます。実力があれば生き残っていける世界なので、興味がある人はチャレンジしてみてはどうでしょうか。

Web業界にはWebプロデューサー、Webディレクター、Webデザイナー、Webエンジニアなど、全く違った持ち味を活かして働ける職種があります。

どこに適正があるか、今はまだ自分では分からないかもしれませんが、実際やってみたり、現場の人に話してみたりすることで、自分の道が見つかるかもしれません。

Web業界に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

「どんな職種が向いているのかわからない」という悩みを持つ方にオススメの適職診断をKROWLサイトで公開しています。
全10問の質問に答えるだけであなたの性格から適職を判断します!
気になる方は是非お試しください!

関連記事