WebプロデューサーとWebディレクターの違いとは?

Web制作において制作、開発をしない立場の役割が存在します。中でもWebプロデューサーは、Webディレクターと比べてどのような役割の違いがあるのかよくわからないといった意見が多いようです。
前提として職務は会社によって異なることが多いため、定義が異なるとは思いますが、ある大手制作会社の実例を見てみましょう。

大手制作会社の実例

この会社には営業、Webプロデューサー、そしてWebディレクターがいます。

まず案件を取りにいく役割として営業がいます。
営業は顧客のニーズをヒアリングして、Webサイトの新規作成、リニューアルの提案を行ないます。
提案書と見積もりを作成し、顧客に提案することで案件の確定をする、つまり売上にコミットする立場になります。
一方、Webディレクターは営業が案件化したプロジェクトを、決められた納期通りに、決められた仕様通りに制作、開発現場をディレクションします。
ここでは品質と納期にコミットする役割です。

 

Webプロデューサーの役割とは

ここでは、Webプロデューサーの役割は何でしょうか。

Webプロデューサーがコミットしていたのは利益でした。営業と同行し、一緒に提案をしながら案件の確定を行ないながら、予算が確定すると、Webディレクター含めて、制作チーム・開発のチーム組成を行い、チームにミッションと役割を与えます。
そして、そのチームの工数を管理し、工数から割り出されるコストのコントロールを行い、適切な利益を残します。プロジェクトの状況によっては、追加工数も判断するプロジェクト収支を管理する立場の役割です。

 

まとめ

比較的、規模感の大きめなWebサイトの構築では、予算、チーム全体をマネジメントするWebプロデューサーも存在することがありますが、最近はWebディレクターがその役割を兼ねるケースも多く存在します。
そして、Webディレクターとして必須の役割、能力として持っていた方が良いという考えは徐々に広がっています。
Webプロデューサーの役割を認識し、Webディレクターとして自分自身の役割を広げていくことで、プロジェクト収支上で利益を生み出す重要なポジションにも就くことが出来るのです。

 

関連記事