システムエンジニア(SIer)とは?仕事内容〜年収まで徹底解説!

これまでいろいろなWeb業界のエンジニアについて紹介してきましたが、いわゆる一般的なシステムエンジニアと何が違うの?と思う人もいると思います。

そこで今回は、システム開発を行うシステムインテグレーター(SIer)のシステムエンジニアについて、その仕事内容から平均年収まで、全容を解説していきたいと思います。ちなみに「SIer」はシステムインテグレーターの略で「エスアイアー」と読みます。

システムエンジニア(SIer)の仕事内容

Web系のエンジニア(特にバックエンドエンジニア)もSIerのシステムエンジニアも「システム開発を仕事にする」という点では同じです。しかし、開発するシステムの傾向は異なります。
Web系であればWebサービスなどのシステムが中心ですが、SIerはジャンルを問わず行います。またWeb系と比べると、開発するシステムの規模は大きいものが多いです。
メーカーの在庫管理システムや受発注管理システム、高速道路の料金所システム、コンビニのチケット発券システムなどをイメージすると、その違いがわかりやすいのではないでしょうか。

SIerのシステムエンジニアの仕事は主に、開発するシステムの設計とプロジェクトマネジメント。クライアントから「やりたいこと」をヒアリングして、システムに必要な要件を洗い出し、仕様を決めます。
どんな機能を持たせるのか、どんな技術を使うのか、どんな手順でクライアントの「やりたいこと」を実現していくかを検討・決定していき、設計したシステムを実装していくためにスタッフィングや予算、スケジュールを管理していきます。

中にはプログラミング作業を行うシステムエンジニアもいますが、開発するシステムの規模が大きいことから、開発工程の実装作業はプログラマーに任せるケースが多いようです。その他、会社やプロジェクトによって変わりますが、プログラマーが実装したプロトタイプのテストを行ったり、システム納品後の運用・保守を担当したりします。

システムエンジニア(SIer)のやりがい

SIerが開発するシステムは比較的規模が大きく、中には銀行、電力、鉄道など生活に欠かせないインフラ企業の開発業務もあります。最近のトレンドでもあるキャッシュレス決済などは、人々の習慣を変えてしまうイノベーションとしても注目を浴びていますが、世の中に大きなインパクトを与える仕事に携わることもできます。
ときには社会のシステムを支え、ときにはイノベーションを仕掛ける。大きなやりがいを得られる仕事です。

システムエンジニア(SIer)のキャリアパス

新人のシステムエンジニアは先輩システムエンジニアが設計したシステムのテストや運用・保守などを担当しながらプロジェクトに参加し、経験を積んでいくと設計を任されていくようになるのが一般的です。SIerのシステム開発はその規模の大きさから、実装機能ごとにチームが分かれていることも珍しくありません。
経験を積んだシステムエンジニアはチームのプロジェクトリーダーを任されたり、プロジェクト全体のリーダーを任されたりします。
また、AIやIoT、AR/VR、クラウドといった分野での需要も高まっていることから、できる領域を広げることで活躍の場を広げていくシステムエンジニアもいます。

システムエンジニア(SIer)に向いている人

どんな技術で何を実現できるかという技術的な知識や技術が必要なため、プログラミングの知識がある人は歓迎されます。
また、SIerのシステムエンジニアはクライアントとのやりとりをしたり、プロジェクトチームをまとめたりするのも大切な仕事なので、人と話すことが好きな人、コミュニケーション能力が高い人は歓迎されます。

未経験からシステムエンジニア(SIer)を目指すには?

SIerのシステムエンジニアは人材不足傾向にあり、未経験OKの求人でも多くあります。
初心者の場合は、いきなりシステムの設計を任されることは少なく、先輩システムエンジニアが設計したシステムの実装サポートや、プロトタイプのテスト、稼働後の運用・保守を担当しながら経験を積んでいくことになるでしょう。

またSIerの中には、プログラマーとして経験を積んでから、上流工程を担当するシステムエンジニアに昇格するという会社もあるようです。

平均年収は?

SE/プログラマの平均年収は428万円程度と言われています。

20代:367万円
30代:486万円
40代:549万円
50代〜:598万円

 

▼参考データ
https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_07

仕事に活かせる経験・スキル・資格って?

特別な資格は必要ありませんが、知識やスキルを証明するには資格があると有利です。中には特定の資格を持っている人に「資格手当」を支給しているSIerもあります。システムエンジニアというからには知識やスキルの証明となる資格があると有利です。
また、ほかのWebディレクターが苦手としがちなサーバー構成やシステム要件などの話ができると、歓迎されます。

▼応用情報技術者試験
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html

▼システムアーキテクト試験
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sa.html

最近の動向(仕事のトレンド、求人量など)は?

SIerのシステムエンジニアは人材不足のため、求人は多くあります。未経験でもやる気のある人を受け入れ、自社で育てていくチャレンジ枠採用を導入しているSIerも少なくありません。

技術研修や資格取得サポート制度などが充実している企業もあり、未経験からでもチャレンジが可能な職種と言えるでしょう。
仕事のトレンドしては今後、AIやIoT、AR/VR、クラウドといった分野での需要も高まっていることから、スキル次第でいくらでも活躍できると思います。

まとめ

今回はSIerのシステムエンジニアについて細かく解説してきました。

SIerでのシステム開発はWeb系のシステム開発と比べて規模が大きいこと、またWeb系の中心がWebサービスなのに比べ、SIerはジャンルを問わず生活に直結するインフラなどを担うこともあると、Web系のエンジニアとの違いを理解いただけたのではないでしょうか。未経験からでもチャレンジしやすいので、興味がある人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Web業界にはプロデューサー、Webディレクター、Webデザイナー、Webエンジニアなど、全く違った持ち味を活かして働ける職種があります。
どこに適正があるか、今はまだ自分では分からないかもしれませんが、実際やってみたり、現場の人に話してみたりすることで、自分の道が見つかるかもしれません。
Web業界に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

「どんな職種が向いているのかわからない」という悩みを持つ方にオススメの適職診断をKROWLサイトで公開しています。
全10問の質問に答えるだけであなたの性格から適職を判断します!
気になる方は是非お試しください!

関連記事