女性が活躍するWebディレクターという職業とは?

通常の労働環境では、男性よりも変化や制限が発生してしまう可能性のある女性が就きにくい職業も多く存在するかと思いますが、Webディレクター向け勉強会には多くの女性が参加し、多くの現場で女性のWebディレクターが活躍しています。

なぜ女性がこのように活躍できるのでしょうか。

同性としてのコミュニケーションの必要性

まず、女性Webディレクター達からは、同性としてコミュニケーションを取った方がスムーズにいく環境が存在するから、という点が挙げられました。
もちろん男性にもそのような環境があると思いますが、例えば女性専用の商品やサービスの場合、男性の視点ではなく、女性ならではという視点が必要になってきます。
その際も、女性向けのサービスで、女性の担当者であれば、環境的にコミュニケーションを取るのは女性の方が良い場合があります。

女性向けのサービスや商品は世の中に溢れていて、特にコマースや広告商材などでは非常にボリュームの大きなマーケットではないでしょうか。

 

支援的な視点ときめ細やかな対応

また、営業複数人、制作・開発チーム複数人、という環境の中でたった一人のWebディレクターとしてプロジェクトを回すパワフルな女性もいます。
彼女の会社は営業が強い会社なので、主に営業支援のミッションを行なう立場として存在しています。
女性向けのWebサイトの運用案件が中心の業務ということですが、女性ならではの視点と、きめの細かい運用提案を、制作チーム・開発チームと一緒にまとめて、営業を支援しています。

支援的な視点と、きめ細やかな対応も、女性が活躍できる特徴とも言えるかもしれません。

 

まとめ

冒頭でもお伝えしたように、Webディレクター向け勉強会には多くの女性が参加し、新しかったり、それまで知らなかったりする知識や、情報の吸収にどん欲な方が非常に多い印象です。
また、一般的にWebでの事業化も広がりつつある市場環境で、女性向けのサービスや商品も、今後増々Web上で展開されていくことでしょう。

労働環境的には非常にタフな面もあるWebディレクターの職務ですが、ツールなどもどんどん使いやすくなっていく中で、今後ますます女性が活躍できる土壌が整っていく環境にあると言えます。

 

関連記事