Webディレクターにキャリアチェンジしてよかった点

Webディレクターは他業種から転向しやすい職業の一つです。難しいと思われがちなのですが、基本はコミュニケーションを軸とする業務のため、Web制作を行なう職業の中では、比較的キャリアチェンジしやすい職業と言えます。
今日はWebディレクターにキャリアチェンジした人から聞いた、良かった点を抽出することで、Webディレクターへの転職メリットを書き出してみようと思います。

自由で独立志向の高いWebディレクター

まず、Webディレクターは自由な気質を持ち、独立思考が高い方が多いのが特徴の一つではないでしょうか。

制作プロセスは予算を確保し、制作チーム・開発チームのコストを差し引いて利益を残すので、基本構造は経営や事業と同じになります。
また顧客のビジネスに対しての施策を提案する立場なので、必然的にビジネスへ興味が湧いて、独立、フリーになるパターンも少なくありません。

「ビジネスを多く学べる環境にある」これが、大きな良い点の一つと考えられます。

 

上昇傾向にある給与水準

またWebディレクターが集まると、よく出てくる話題としては、給与の話もあります。

Web業界という成長マーケットにいる中で、人材の必要性はもちろん日々高まっていますので、Webディレクターも需要が高い職業の一つになっています。
そのため、採用サイトなどを見ていると、給与水準も比較的上がりつつあり、転職も移りやすくなっているのが現状です。
更に、Webディレクターから、より上流のコンサルタントや、情報設計やゲームなど専門性を持つものなど、高水準な給与が得られる職業へキャリアアップも十分考えられますし、経営者、フリーといった事業者への道もあるのです。

 

まとめ

今回は、Webディレクターにキャリアチェンジしてよかった点として、

  1. ビジネスを学べる環境であること 
  2. 成長産業であるため給与水準の高まっていること

という2点をお伝えしました。

また別の視点としては、今後Webディレクターは、より新しい働き方を体現できるような職業になってくるのでは、という考え方もあります。
例えば、Webディレクターだけの会社に所属し、最近一般的になってきたクラウドソーシングなどでプロジェクト毎にメンバーを集めて、場所や国までも選ばずにプロジェクトを成功に導くという、新しい次の働き方も提唱できるようなポテンシャルを秘めた職業なのです。

 

関連記事