スマートフォンアプリエンジニアとは?仕事内容〜年収まで徹底解説!

スマートフォンを使っている人であれば「使わない日はない」というほど、スマートフォンアプリを使っていると思います。
家族や友達とのやりとり、スケジュール管理、写真加工、ゲーム、動画アプリ……。技術の進化にあわせて、さまざまなことがスマートフォンアプリでできるようになりました。
ブランドのファン向けアプリやネットコミュニティ、キャンペーン参加など、広告会社やWeb制作会社が、クライアント企業や商品のブランディングのために専用アプリを開発・リリースするプロジェクトも増えています。

そこで今回は「スマートフォンアプリエンジニア」について、その仕事内容から平均年収まで、全容を解説していきたいと思います。

スマートフォンアプリエンジニアの仕事内容

スマートフォンアプリエンジニアは、文字通りスマートフォンアプリ(以下「スマホアプリ」)に関連する仕事をする人。要件定義から設計、プログラミング言語による開発、動作テスト、アプリストアへの申請、運用・保守など、多岐にわたります。
スマホアプリは端末(OS)によって主流とされる開発環境が異なり、代表的なiOS、Android OSでは以下の開発環境が一般的です。ただし「スマホアプリ≒モバイル端末向けのアプリ」と考えると、OSや端末ごとの開発やチューニングも必要になってきます。

  • iOSの開発環境
    IDE(※1):Xcode
    プログラミング言語:Swiftなど
  • Android OSの開発環境
    IDE(※1):Android Studio
    プログラミング言語:Java、Kotlinなど

他にもスマホアプリの作成に関する技術としてRubyMotion、Xamarin、Cordova、React Native、Flutterといったフレームワークやツール、開発環境などがあります。
それぞれ得意領域があるのでスマホアプリに求める機能によって「実装しやすさ」が異なり、これらの技術の選択が制作工数を左右することもあるため、技術の見極め・選定もスマートフォンアプリエンジニアの大切な仕事です。

どんなスマホアプリを開発するにしてもプログラミング言語だけではなく、フレームワークやネットワーク、データベースなどの知識・スキルが必要になってきます。
また、スマホアプリはリリースしたら終わりではなく、OSのアップデートに伴うアプリ側のアップデートや機能追加、バグ修正など、スマホアプリを公開し続けているうちはメンテナンス業務が発生します。


※1)統合開発環境

スマートフォンアプリエンジニアのやりがい

開発したスマホアプリによって、企業やブランドのファン増加に貢献できたり、ユーザーの生活を豊かにできることは、大きなやりがいになります。
メディアで取り上げられる、App StoreやGoogle Playアプリストアのランキングに入る、ユーザーレビューで高評価を得るなど、評価が見えやすいこともモチベーションになるでしょう。

スマートフォンアプリエンジニアのキャリアパス

スマホアプリの開発は、複数人のチームで開発するのが一般的。経験が浅いうちはメインのスマートフォンアプリエンジニアをサポートするスタッフとして、運用・保守や動作テスト、難易度が高くない機能の実装などを担当します。
経験値に応じて難易度が高い機能実装や要件定義、設計などの上流工程を任されるようになります。スマホアプリ開発のスペシャリストとして現場でコードを書き続ける人もいれば、プロジェクトマネジメントやスマホアプリのプロデューサーの道に進む人もいます。

中には、フリーランスに転向する人やスマホアプリの開発会社を作って独立する人もいます。

スマートフォンアプリエンジニアに向いている人

プログラミングが好きであることは、言うまでもありません。
スマホアプリの世界はここ数年で急速に発達した分野であり、デバイスやツール、OS、技術などの入れ替えが早いため、新しいモノ好き、トレンドサーチが好き、という好奇心の高い人やスキルを磨くのが好きという人は向いています。

スマホアプリの開発は少人数のチームで行うことが多く、人と話すことが好き、チームで仕事をするのが好きな人も向いています。

未経験からスマートフォンアプリエンジニアを目指すには?

求められる知識やスキルの幅が広いため入社してから学ぶことは多いものの、未経験OKの求人も多くあります。未経験から目指す場合は、やる気や人柄を重視して採用している会社を選ぶといいでしょう。
スマホアプリは個人で開発・リリースもできるため、独学で学習してスマホアプリを開発し、その実績を持ってフリーランスとして働く人もいます。

平均年収は?

スマホアプリ/ネイティブアプリ系エンジニアの平均年収は422万円程度と言われています。

20代:364万円
30代:486万円

▼参考データ
https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_07

仕事に活かせる経験・スキル・資格って?

スマートフォンアプリエンジニアになるために特別な資格は必要ありません。スマホアプリに限らず、エンジニアは「どこで働いてきた」よりも「何ができるか」が重視される職種なので、知識やスキルの証明となる資格は役に立ちます。営業やWebサイト制作など、スマホアプリ開発務以外の実績であったとしても、会社によっては評価してもえます。

▼Android™技術者認定試験
http://ace.it-casa.org/

▼App Development with Swift
https://www.odyssey-com.co.jp/app-dev-with-swift/

▼システムアーキテクト試験
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sa.html

最近の動向(仕事のトレンド、求人量など)は?

プログラミングに加えて、デバイスやデータベースなどの知識・スキルが求められるため、実力のあるスマートフォンアプリエンジニアにとっては売り手市場となっています。スマートフォン市場が拡大するスピードに人材の絶対数が追いついていない状況(人材不足)にあるため、やる気のある人を採用して育てていくチャレンジ枠採用も多い職種です。
トレンドとしては、スマートフォンの中で完結するものだけでなく、IoTなど他のデバイスと連携するようなスマホアプリの開発も増えていくことが予想されます。

まとめ

今回はスマートフォンアプリエンジニアについて細かく解説してきました。
下記のようなニュースからも読み取れるようにスマホ自体の市場今後もますます拡大しているため、それに伴いスマホアプリも活性化していくことが予想されます。

未経験からのチャレンジでも、活躍できる可能性は高いと思います。気になる人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Web業界にはWebプロデューサー、Webディレクター、Webデザイナー、Webエンジニアなど、全く違った持ち味を活かして働ける職種があります。
どこに適正があるか、今はまだ自分では分からないかもしれませんが、実際やってみたり、現場の人に話してみたりすることで、自分の道が見つかるかもしれません。
Web業界に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

「どんな職種が向いているのかわからない」という悩みを持つ方にオススメの適職診断をKROWLサイトで公開しています。
全10問の質問に答えるだけであなたの性格から適職を判断します!
気になる方は是非お試しください!

関連記事