WebディレクターのOutputとは?

他の記事でもお話しているように、Webディレクター業務は幅広く、その分、Outputは業務に応じて幅広くあります。
それはディレクションとして担当するフェーズやプロジェクトによって大きく変化がある場合もありますが、今日はWeb制作のプロセスで、納品までに考えられるWebディレクターのOutputを書き出してみようと思います。

営業フェーズ

まずWeb制作に入る前の営業フェーズがあります。

ここでは顧客に対して何をするのか、いつまでに幾らかけるのか、というコミットをまとめます。
何をするかは、企画提案書にまとめあげて、スケジュール表と、お見積書を作成します。
発注が決まったら、必要に応じて契約書や、発注書など、書面を作成し、顧客とすりあわせます。最初のフェーズとしてサイトの設計を行ないます。
ここでは仕様書を作成することになりますので、そのための準備が必要です。

また会議体を設計し、その度に議事録を作成します。都度出てくる要望点は機能要求シートにまとめて、機能一覧と画面仕様書にまとめます。
必要に応じて、ユーザーのペルソナをまとめたり、他社比較用にポジショニングマップを作成したりする場合もあります。

 

制作、開発フェーズ

設計書ができあがると、今度は制作、開発フェーズに移ります。

Webディレクターは納期までに、仕様通りの進行管理を行ないます。スケジュールに添って、現段階の状況を顧客に報告し、途中で制作チーム・開発チームから出てくる仕様の矛盾や、未確定部分を顧客とすりあわせるため、各課題を管理する課題管理シートを使います。
またHTML・CSSなどファイルのバージョン管理(※1)を行いながら、仕様書のアップデートを行なっていきます。

 

納品

そしてバグチェックを行なうために試験仕様書を作成し、サイトの挙動が仕様通りに動いているのかという確認を行ないます。

その結果を顧客に報告し、問題なく納期が終わりに近づくと、これまで作成した仕様書とWebサイトのファイルをまとめて、顧客に納品を行ないます。
納品に関しては、検収書と納品書を作成し、問題なければ請求書を発行します。

 

まとめ

ここまで、ざっと挙げましたが、とても多い印象では無いでしょうか?

冒頭にも記載したように、WebディレクターのOutputは業務と同じく幅広いので小規模な案件でも一通りのプロジェクト経験は、次のプロジェクトに大きく活かすことが出来るのです。

 


1、GitやSVNなどのファイルの変更履歴を記録したり、それぞれの変更点の上書きを回避したりすることができるツールのこと

 

関連記事