気になるWebサービス・アプリを紹介!つくってあそべるボドゲメーカーアプリ「unsealr(アンシール)」を触ってみた

Web業界で働く人や興味がある人には、TV・PCゲームなどのデジタル機器にも興味を持っている人が多い印象があります。そのほかにも昔ながらのアナログのボードゲームなどを趣味として楽しんでいる人もいるかもしれません。

特にデジタル分野のゲームはここ約10年、何かしらの家庭用ゲーム機を用意して遊ぶものから、スマートフォンアプリをはじめ気軽に無料で遊べる時代になってきました。

今回はそんなたくさんのスマートフォンアプリの中から、2019/10/23にリリースされたつくってあそべるボドゲメーカーアプリ「unsealr(アンシール)」の機能を実際に使いながらご紹介します!

※この記事の内容はあくまで個人の感想です

スマートフォンでゲームってやってますか?

ある日の休み時間。

issei

おっしゃ!木曜のガチャ、SSRがきましたよ!

くめっち

毎週やってるね。課金破産しないように気をつけなよ〜

issei

そういえばくめっちさんってスマホのゲームとかやらないんですか?

くめっち

そういえば最近は全然やってないなぁ…

・・・

そもそもみなさんはゲームで遊んだりしますか?
冒頭でもお伝えしたように近年ではスマートフォンで、様々なアプリを楽しむことができます。
特に『課金ガチャ』でお馴染みのソーシャルゲームなどは、次々と魅力的なものがリリースされていて僕もいくつか熱中していました。

..ええ、もちろん課金をして。

特にあの類のゲームは次々と新しい要素やアイテムが配信されます。

くめっち

明日配信のSSRのキャラってそんなに強いの!?課金しなきゃ!

こんなことなんてザラにあります。課金は計画的にすることを強くおすすめします。

僕はそれらのゲーム課金額を合わせたら良い値段をする家庭用ゲームのハードが何台買えていたことでしょう…

issei

さっき、こんなゲームアプリ見つけたんでやってみません?

くめっち

いいけど、どんなゲーム?

issei

これは…「つくってあそべるボドゲメーカーアプリ」って書いてありますね。

「ボドゲメーカーアプリ」とは?

まず最初に「ボードゲーム(通称:ボドゲ)」ってどんなものでしょうか?
人生ゲームをはじめとしたいわゆる双六や、囲碁・将棋などの日本で広く普及しているもの、ここではトランプを使ったカードゲームや麻雀などのテーブルゲームも含めましょう。
一部では高度な心理戦を楽しむ趣味としての「ボードゲーム」も広がり、個人単位でも新たなボードゲームが作られているようです。
また、近年ではボードゲームカフェができたり、ボードゲームを題材にしたアニメが放映するなど、密かにブームとなっているようです。

そんな『ボドゲ』ですが、今回の「unsealr」もただのボドゲアプリ…例えばオセロができるとかそういう類のゲームなのでしょうか。

実際のアプリの画面を見てみましょう。

このようにゲームの一覧が並んでいて、たくさんのゲームの中から選んで遊ぶことができるようです。

…パッとみて何かお気づきの方もいるかもしれません。
そうです。なんか色々統一感がないのです。

誤解のないように強く言っておきたいのですが、
決して悪口ではありません。

このアプリはただのボードゲームの寄せ集めではなく
個人でボードゲームを作成できるアプリになっているのです。
「unsealr(アンシール)」はボドゲメーカーアプリです。

とりあえず遊んでみた

まずどんなゲームなのか実際に遊んでみることにしました。

issei

なにか気になるゲームあります?
…なければ僕が気になったの言っていいですかね?

くめっち

待って。俺も気になったのあった。これ。

2人が同時にただならぬ存在感を感じた、『マグロユニバース』なるゲームを遊んでみることにしました。

ゲームへの参加は簡単。
誰かがゲームを選択してホストとなり、そこから発行されるQRコードをスキャンすることで他の人も参加が可能になります。

早速ゲームを始めてみましょう。
説明書を読んでみると結構しっかりとルールが決められています。
ざっくりまとめるとカードを6枚出して、最後にスコアが多かったプレイヤーが勝ちということみたいです。

サイコロを振って順番を決める、手札からカードの効果なども考慮して戦略を立てていく…
かなりしっかりカードゲームですね。絵も綺麗だしすごく設計がしっかりしています。
ワクワクしてきました。

2人とも効果を読みながら次の手を真剣に考えます。

最後のポイントは自分たちで計算するようです。
結果は62 対 75…
負けました。

あれ?これって個人の方が作ったゲームですよね?
クオリティ高すぎません?

普通に楽しめました。勝つまでもう一戦やりたいです。

自分のオリジナルのボードゲームが作れる

先ほどの紹介でおわかりいただけたかと思いますが、非常にしっかりとしたボードゲームが作成できます。

タイトルやゲームの参加可能人数から始まり、様々な項目を設定することができます。
先ほどご紹介させていただいたゲームのカードは、どうやらご自身で用意された美麗なイラストなようですが、そのようなものが作れなくても多くのテンプレートデザインが用意されています。

その他にも説明書の用意、サイコロの設定など基本的なもの以外にも、
カードの配布の仕方や手札やテーブルに置かれた際の表示方法などとても細かい部分まで設定できます。

つまりこのアプリはただのボードゲームアプリではなく、
「アイデアさえあれば誰でも簡単にボードゲームが作れるアプリ」
なのです!

ゲームが作れて、みんなのゲームが遊べる
スマートフォンボードゲームのプラットフォームのようなアプリとなっています。

リリースが10月23日ということでこの時点では数日しか経過していないため、今後はゲームの作成方法を含めてもっと進化していくのではないかと思います。

まとめ

「最近はもっぱらスマートフォンでソーシャルゲームばかりやっているけれど、小さい頃にはボードゲームで遊んでいたなあ」という方も多いのではないでしょうか。

僕自身、今回のようなボードゲームはここ数年ほぼ触らず、
プレイしていたゲームといえばガチャを回して自分の手持ちを強くしていくソーシャルゲームや、とてつもなく綺麗な映像の家庭用ゲーム機のようなものばかりでした。
しかし、ボードゲームはどこか懐かしさとともに、自分の戦略でゲームを楽しむ喜びや新たなものを作る楽しさを思い出させてくれました。

また、このアプリを作成した「株式会社カヤック」は2019年11月23日(土)、24日(日)開催の「ゲームマーケット 2019 秋」の出展ブースにてこのunsealrにも投稿されている「いまさら恋だったなんて言うなよ。」というボードゲームを出展したそうで、今後もボードゲーム業界に力を入れていく姿勢が見えるのでとても楽しみですね!

手軽に始められるボドゲメーカーアプリ、みなさんもここからゲーム作りやボードゲームを始めてみませんか?
もしかしたら双六や将棋など、長い年月が経っても遊ばれ続ける名作ができるかもしれません!

▼「unsealr(アンシール)」の公式サイトはこちら

関連記事