フォトグラファーとは?仕事内容〜年収まで徹底解説!

フォトグラファーと聞いて、スタジオなどでカメラを持ってシャッターを押しているシーンを思い浮かべる人も多いと思いますが、これはフォトグラファーの仕事のほんの一部。実際はどんな仕事をしていて、Webの仕事とどのように関わっているのでしょうか。

今回はフォトグラファーについて、仕事内容から平均年収まで、全容を解説していきたいと思います。

フォトグラファーとは

フォトグラファーは、写真を撮って作品をつくる人です。しかし、ひとくちにフォトグラファーといっても、どんな作品をつくるか、何を提供して対価を得るかによって、ざっくり3種類に分けられます。

  • アート系
    写真そのものの芸術性、創作としての価値が問われる写真。フォトグラファーの名義で開かれる個展や写真集などの販売によって生計を立てています。
  • 報道・記録系
    事件・事故、エンタメ、スポーツなど、撮影対象のニュース性が問われる報道写真や記録写真。新聞社・雑誌社などから依頼を受けることもあれば、フォトグラファーが自主的に撮影して売り込むこともあります。
  • 商業系
    広告や雑誌のグラビア、Webサイトなどの商業用途で使われる写真。基本的に依頼を受けてから撮ります。写真スタジオのポートレート写真なども含まれます。プロのスキルを提供することで対価を得るといったイメージでしょうか。

ここでは商業系、特にWebサイト制作におけるフォトグラファーの仕事内容について解説していきます。

フォトグラファーの仕事内容

仕事の流れとしては、クライアントから依頼を受けたらまず打ち合わせをします。
「どんな写真を撮りたいか」「何カット必要なのか」などを相談し、必要な機材を準備します。商品写真を撮るのか、人物を撮るのか、どこで撮るのかによって機材が変わってくる(写真の仕上がりを左右する)ため、事前の打ち合わせは欠かせません。

その後、可能であれば撮影現場のロケハン(下見)を行い、撮影当日どんな風に撮影するか、撮影の順番や構図を考えます。アートディレクターやWebデザイナーが指定することもあれば、フォトグラファーが提案することもあります。

撮影当日は機材をセッティングして撮影に挑みます。
人物撮影ではフォトグラファーに向けられる表情がそのまま写真になるため、撮影対象者に話しかけて表情を和ませたり、現場の雰囲気が良くなるように振る舞います。
屋外の撮影では天候に左右されるなど事前の想定どおりに進まないこともあるため、臨機応変に対応することが求められます。

撮影後は、撮影した写真を1枚1枚チェック。ピントがズレている、被写体の人物がまばたきをしている、顔に髪の毛がかかっているなど、作品としてふさわしくない写真を選別します。1つの撮影カットに対して数十〜数百枚あるので時間のかかる作業です。
使える写真を選定したら、WebサイトのイメージやクライアントのイメージにあわせてPhotoshopなどのグラフィックソフトを使ってレタッチをします。

撮影データをそのまま納品するケースも稀にありますが、ほとんどはレタッチまでしてから納品するのが一般的です。撮影技術だけでなく、いい写真を選定する目やレタッチのスキルがフォトグラファーには欠かせません。

フォトグラファーのやりがい

ヒット商品の中には「この商品といえば、この写真」という象徴的な写真があることもあります。多くの人の印象に残る写真をつくれることはフォトグラファーのやりがいになります。また人物撮影などでは、クライアントに喜んでもらうことはもちろん、撮影対象者にも喜んでもらえるとフォトグラファーとして嬉しいものです。
新商品のWebサイト制作のプロジェクトなどでは、撮影を通じて発表前の新商品に触れられる機会もあり、これもまたおもしろさのひとつと言えるでしょう。

フォトグラファーのキャリアパス

Web業界で活躍するフォトグラファーが撮るものは、商品などの物撮りとインタビューコンテンツなどの人物撮影が多いようです。フォトグラファーがどんな実績を持っているかによって依頼内容は変わってきます。

例えば、クルマの撮影を多く経験しているフォトグラファーには、クルマ関連の依頼が増えていくといったことはよくあります。フォトグラファーとしてデビューしたらまずは得意分野をつくると良いでしょう。
写真事務所に勤めているフォトグラファーでも、得意分野が複数できることで独立して事務所を構える人も多くいます。

フォトグラファーに向いている人

第一に、カメラが好き、写真を撮るのが好きであることは必須条件です。
ただし、純粋に撮影をしている時間より、事前の準備や事後の選定・レタッチのほうが多くの時間を必要とするのも事実なので、「撮影」というひとつの工程にとらわれるのではなく「より良い写真を作り上げること」という目的を明確に持って仕事に取り組むことが重要です。
また、事前の打ち合わせではクライアントのイメージをくみ取るコミュニケーション力が必要ですし、撮影後に何百枚という写真を1枚ずつチェックして選別するには根気強さも必要です。限られた時間で撮影をしなければいけないことも多く、現場でリーダーシップを発揮したり、笑顔を心がけて現場の雰囲気を良くするといったことも求められます。

未経験からフォトグラファーを目指すには?

フォトグラファーは、未経験からでも目指せます。まずは写真事務所や撮影スタジオなどに就職して、先輩フォトグラファーのアシスタントをしながら仕事を覚えて独り立ちしていくのが一般的です。中には、スクールに通ったり独学で技術を習得し、いきなりフリーランスのフォトグラファーとして開業する人もいます。
クラウドソーシングに応募したり、ストックフォトに作品を提供して実績をつくりながらポートフォリオを充実させ、制作会社などに売り込んでフォトグラファーとしての仕事を得ていきます。

また、写真系のWebサービスやSNSなどで作品を発表して、制作会社などから声をかけられるパターンもあるようですが、ごく一部です。
いずれにしてもフォトグラファーとして活躍するには、ある程度の依頼に応えられる撮影機材を持っていることが必要でしょう。

平均年収は?

フォトグラファーの平均年収は約399万円程度と言われています。

▼参考データ
https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/income/ranking/01/index7

仕事に活かせる経験・スキル・資格って?

フォトグラファーになるために特別な資格は必要ありません。写真事務所であれば別ですが、個人で勝負しようという場合は「どんな作品がつくれるか」が重要になってきますし、人脈を通じて仕事を得る機会も増えます。
ポートフォリオに加えて、資格があることをアピールできれば、新たに制作会社などに売り込みをする際、話がスムーズになることもあります。

▼フォトマスター検定
https://www.pm-kentei.com/

▼Photoshop®クリエイター能力試験
https://www.sikaku.gr.jp/ns/ps/

Web業界で活躍したい人は、Webサイト向けの構図、写真の見せ方などを研究するといいでしょう。

最近の動向(仕事のトレンド、求人量など)は?

以前は高品質の写真を撮るために高額な機材が必要でしたが、機材も高機能になりそこまでこだわらなくてもある程度のクオリティの写真が撮れるようになってきました。
また、企業アカウントのSNSであっても、スマーフォンのカメラで撮った写真をそのまま載せて「リアルっぽい」と評価を得ることもあります。

SNSなどでは写真のクオリティ以上にスピード感やタイムリーさが重視されるようになり、アートディレクターやWebデザイナーが撮影・加工するケースも増えています。
フォトグラファーの仕事はなくなることはないでしょうが、いきなり開業するフォトグラファーも増え、フォトグラファーだけで勝負するには競争相手が多く、稼げるフォトグラファーとそうでないフォトグラファーの二極化が進んでいくことが予想されます。

Web制作会社では常に撮影があるという訳ではないため、フォトグラファーとしての求人は多くありません。一方で「記念日をいい写真で残したい」といった生活者のニーズは増えているため、撮影スタジオなどの求人は堅調です。

まとめ

今回はフォトグラファーについて細かく解説してきました。
いきなり開業する道もあるものの、Web業界で活躍するにはWebデザイナーなど制作系スタッフとして制作会社に入社して人脈をつくりながら経験を積み、実績をつくりながら開業を目指したほうが、長い目で見ると近道になるかもしれません。

Web業界にはWebプロデューサー、Webディレクター、Webデザイナー、Webエンジニアなど、全く違った持ち味を活かして働ける職種があります。
どこに適正があるか、今はまだ自分では分からないかもしれませんが、実際やってみたり、現場の人に話してみたりすることで、自分の道が見つかるかもしれません。
Web業界に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

「どんな職種が向いているのかわからない」という悩みを持つ方にオススメの適職診断をKROWLサイトで公開しています。
全10問の質問に答えるだけであなたの性格から適職を判断します!
気になる方は是非お試しください!

関連記事