アカウントプランナーとは?仕事内容〜年収まで徹底解説!

Webサービスなどを利用する際「アカウントを新規登録する」ということもあると思います。この場合、アカウントはIDやパスワードなどを指しますが、広告業界で「アカウント」というときは、営業職を指しています。

今回は名前からはどんな仕事をしているか分かりづらい「アカウントプランナー」について、仕事内容から平均年収まで、全容を解説していきたいと思います。

アカウントプランナーの仕事内容

アカウントプランナーは、インターネット広告の企画営業。どの媒体で、誰に向けて、どんな広告を打つか、戦略を考えて提案します。「プランナー」と呼んでいますが、広告表現の中身を考えるのではなく、広告出稿計画を考えるのが主な仕事です。
インターネット関連のメディアでは、アクセス解析などマーケティングツールやサービスの充足により、ターゲット層の詳細な情報が得やすくなっています。単に広告枠を売り込むのでなく、広告効果の高そうなメディアを選定し、想定されるターゲットに適した広告戦略を提案することが求められているのです。

インターネットの広告は下記のように多岐に渡ります。

  • 特定のネットメディアの特定の場所に出稿する純広告
  • ディスプレイ広告
  • アドネットワークにより複数のメディアに出稿するネットワーク広告
  • 検索エンジンの検索結果画面などに出稿するリスティング広告
  • SNSのフィードに出稿するSNS広告

これらの広告を目的に応じて使い分けるには、メディアの特性、利用者層(ターゲット層)の違いなどへの深く理解している必要があります。

アカウントプランナーはさまざまな媒体を扱う総合広告代理店や広告運用会社だけでなく、Webサービスなどのネットメディアを運営していて広告枠を売る側の事業会社でも活躍しています。
Web制作会社の場合は、広告枠の売買をすることがほとんどないためアカウントプランナーという特定の肩書きを持つスタッフは置かず、広告出稿の企画はWebプロデューサーやWebディレクターが行うか、広告代理店と協業することが多いようです。

アカウントプランナーのやりがい

自分が考えた広告戦略を評価してもらい、広告枠が売れること。そして、提案した広告が成果を出せるとクライアント、メディア側の双方に喜んでもらえ、2倍の達成感があります。
メディア側としても「このメディアに出稿すると効果がある」という実績になり、メディア価値を高めてくれるためです。

アカウントプランナーのキャリアパス

最初のうちは広告枠の売買をする営業的な立ち回りと、先輩の提案資料の作成サポートなどを担当することになるでしょう。経験を積んでいくとメインのアカウントプランナーとして企画を考え、クライアントに提案する仕事を担当するようになります。
アカウントプランナーとして経験を積んでいくと、部下を指導する立場になっていくのが一般的です。広告表現の中身を考えたいとWebディレクターやアートディレクターを兼任する人、広告出稿の効果に興味があるからとWebアナリストに転向する人、広告も含めたWeb戦略をやりたいとWebプロデューサーへ転向する人もいます。

アカウントプランナーに向いている人

クライアントの要望をヒアリングして広告出稿計画を考えるので、クライアントの意向を汲み取るコミュニケーション力は必要です。人と話しをするのが好きな人は向いています。
また、クライアントに提案する内容を考える際、どんな仮説を立てるかということから重要になってくるのでロジカルに物事を考えられる人も向いています。

未経験からアカウントプランナーを目指すには?

他のWeb系職種と比べるとアカウントプランナーは、未経験の求人も比較的多い職種です。ネットメディアに関する知識は必要になってきます。
多くのネットメディアでは「メディアガイド」「媒体資料」という形で、月間アクセス数や来訪者の属性、取り扱っている広告枠などをまとめた資料を公開しています。それらを見て学んでおくとアカウントプランナーとして働き出したときに役立つでしょう。

平均年収は?

営業(インターネット/広告/メディア)の平均年収は約424万円程度と言われています。

  • 20代:369万円
  • 30代:488万円
  • 40代:566万円
  • 50代〜:660万円

 

▼参考データ
https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_02

仕事に活かせる経験・スキル・資格って?

アカウントプランナーになるために特別な資格は必要ありません。営業職の経験がある人、マーケティング業務の経験がある人、広告運用の経験がある人であれば、その経験は役立ちます。よりよい提案を行うために、どんなメディアでどんな広告があるかという知識は欠かせません。
GoogleやYahoo!(※1)では、広告を扱う人向けの認定資格を提供しているので、それらの資格があると活躍の場も広がります。

▼独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験ITパスポート
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

▼Google 広告の認定資格
https://skillshop.exceedlms.com/student/catalog/list?category_ids=2847-google

▼Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験(提供休止中)
https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/professional/


※1:Yahoo! JAPANの認定資格は2019年11月時点では制度見直しのため提供休止中

最近の動向(仕事のトレンド、求人量など)は?

クライアントが新商品や新サービスをリリースしたら、次に必要なのは「買ってくれる人、利用してくれる人に、いかにして知ってもらうか」ということ。
広告戦略の中でインターネット広告の位置づけは重要度とともに、アカウントプランナーの重要性も高まっています。

最近では広告モデルで運用しているWebサービスも次から次へと生まれています。新しいWebサービス、インターネットメディアに対応できる人材は不足しています。

まとめ

今回はアカウントプランナーについて細かく解説してきました。
アカウントプランナーは求人も多く、未経験からでも入りやすい仕事です。一般のユーザーからは見えづらいですが、やりがいもあります。「やりたいことは決まっていないけれど、Web業界で仕事をしてみたい」という人にとっては、Web業界での経験を積むこともできます。将来のキャリアチェンジも考えやすい仕事だと思います。興味のある人はチャレンジしてみてください。

Web業界にはWebプロデューサー、Webディレクター、Webデザイナー、Webエンジニアなど、全く違った持ち味を活かして働ける職種があります。
どこに適正があるか、今はまだ自分では分からないかもしれませんが、実際やってみたり、現場の人に話してみたりすることで、自分の道が見つかるかもしれません。
Web業界に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

「どんな職種が向いているのかわからない」という悩みを持つ方にオススメの適職診断をKROWLサイトで公開しています。
全10問の質問に答えるだけであなたの性格から適職を判断します!
気になる方は是非お試しください!

関連記事