Webディレクターは未経験でも大丈夫?

これから、Web業界を志望している人の中には、将来はWebディレクターになりたいと考えている方もいると思います。
では、Webディレクターとして活躍するには、どのようなキャリアを踏んでいけばいいのでしょうか。

例えば、エンジニアで経験を積んでから、Webデザイナーで経験を積んでから、など、他のキャリアの延長線上にWebディレクターがいる、などと考えているかもしれません。パソコンスクールなどでもそうやって教えているようなのですが、実はこの考え方、現場のWebディレクターは驚く人が多いのです。

新卒からWebディレクターに

実は、新卒でWebディレクターになる方もたくさんいます。
では、なぜ他の職種を経験せずに、Webディレクターになることができるのでしょうか。

お分かりの通り、エンジニア、デザイナー、そしてWebディレクターは、それぞれ必要な経験や知識が違います。
仮にWebデザイナーを10年やっていても、Webディレクターとしての経験は0。キャリアを変更しようにも、必要な実績、スキルを持ち合わせていない、といケースも十分にあります。
つまり、Webディレクターに必要なスキルは、Webディレクターとして積み上げる必要があるのです。

 

主たる仕事はコミュニケーション

他の記事で何度もお伝えしていますが、Webディレクターの主な仕事はコミュニケーションです。

言うまでもなく、Webデザインの知識や、エンジニアリングの知識は幅広く持ち合わせていた方が、Webディレクションがスムーズに進行することがありますが、あくまで異なる様々な立場の人達と正確にコミュニケーションをとる必要があるからなのです。
つまり、デザインの知識や経験があってもそれを元にコミュニケーションをとっていなければ、Webディレクターとして成長していけないのです。

 

まとめ

結論としては、Webディレクターになりたいのであれば、新米Webディレクターからはじめるべきだと考えます。なぜなら、Webディレクターとして成長してゆくには、Webディレクターを実際に経験することが一番の近道になるからです。
また、Webディレクターはデザインもプログラミングも理解するに越したことは無いですが、必ずしもマスト要件ではない、そこを理解して頂きたいと思います。Webディレクターの立場でプロジェクトを経験しながら、少しずつ、デバッグ(※1)やコーディング、グラフィックの制作業務などを経験していくことも十分あります。

ですので、新卒や学生、転職を検討している人などは、これからWebディレクターになりたい!という気持ちを持っているのであれば、最初のキャリアから是非Webディレクターを選んでみてください。

 


  1. プログラムをテストすることによって、バグを発見し、そのバグを取り除いて動作を元通りすること

 

関連記事