クリエイティブディレクターとは?仕事内容〜年収まで徹底解説!

何かすごそうだけど、何をやっているのかよく分からない。クリエイティブディレクターと聞いてもピンとこない人もいると思います。今回はクリエイティブディレクターについて、仕事内容から平均年収まで、全容を解説していきたいと思います。

クリエイティブディレクターの仕事内容

クリエイティブディレクターは、表現クオリティの統括責任者。
たとえば「新商品のWebサイトを作りましょう」というとき、そのWebサイトはクライアントにとって広告宣伝活動の施策のひとつであり、他にテレビCMや屋外広告、雑誌広告、PRイベントなどの施策を並行して行うことも少なくありません。

どの媒体で何を表現し、何を伝えどんな効果を狙うのか。クライアントの意向をヒアリングしながら広告キャンペーン全体のコンセプトや企画、メディア戦略、予算配分、各施策の目標などを考え、各部門、各専門会社の制作チームに指示を出し、制作物のチェックをします。制作チームやスタッフのマネジメントとクリエイティブのチェックを行うのがクリエイティブディレクターの主な仕事です。

広告キャンペーン全体を取り仕切る広告代理店にクリエイティブディレクターがいて、広告代理店内の制作部門や外部の専門会社(Web制作会社、CM制作会社、印刷会社、イベント会社など)で表現のクオリティが変わらないようディレクションをしていくイメージです。

1人のクリエイティブディレクターがすべてを統括するケースだけでなく、各媒体の制作チームごとにクリエイティブディレクターを置き、リードクリエイティブディレクターが全体を統括するケースもあります。両者は上下関係ではなく大きなプロジェクトチームの一員として連携しています。そのため専門会社のクリエイティブディレクターの役割も基本的には同じで、スタッフのマネジメントや進行管理、クリエイティブのチェックになります。
Web業界の場合は、アートディレクターやWebディレクターなどが専門会社のクリエイティブディレクターの役割を担うこともあります。

クリエイティブディレクターのやりがい

クライアントの要望に対して、広告キャンペーンの全体像、どの媒体で何をするか、戦略やフォーメーションを考えるのは、クリエイティブディレクターならではの仕事。
コンセプト開発から最終の制作物まで携わり、関わるスタッフも多いため、伴う責任は大きく、それだけに広告キャンペーンが成功したときの達成感は大きなものがあります。

クリエイティブディレクターのキャリアパス

クリエイティブディレクターは、クリエイティブな仕事をしている人なら誰もが憧れるような仕事だと思います。さまざまな広告媒体での施策に対応するためには経験や実績も必要になってきす。
各クリエイティブ職のスペシャリストを経てからクリエイティブディレクターになった人の次のキャリアパスは、プロデューサーもできるクリエイティブディレクター、コンサルティングもできるクリエイティブディレクター、管理職、経営層などが考えられます。

クリエイティブディレクターに向いている人

多くの制作チーム、スタッフを統括し、その一言でたくさんの人が動くため、性格的には思慮深く穏やかで一喜一憂しないタイプの人はクリエイティブディレクター向きです。
また、仕事がら社内外の制作チームに的確な指示を出したり、クライアントと打ち合わせする機会も多いため話をするのが好きな人、コミュニケーション力の高い人も向いています。

未経験からクリエイティブディレクターを目指すには?

まったくの未経験からクリエイティブディレクターになるのは、現実的にはとても難しいです。Web系から目指すとすれば、Webデザイナー、アートディレクター、Web制作領域のクリエイティブディレクター、というステップを踏んでいくのが良いと思います。
広告キャンペーン全体を取り仕切るクリエイティブディレクターとして各部門をディレクションするには、各媒体の広告制作に携われる広告代理店などでテレビCMやグラフィック広告、イベント制作、マーケターなどの経験が役に立ちます。

平均年収は?

クリエイティブディレクター/アートディレクターの平均年収は約471万円程度と言われています。

20代:370万円
30代:494万円
40代:594万円
50代〜:627万円

▼参考データ
https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_01

仕事に活かせる経験・スキル・資格って?

クリエイティブディレクターは特別な資格よりも、経験や実績が必要な職業です。クライアントへの説明や提案で納得してもらうための説得力とそれを裏付けるスキル、知識、実績が求められます。
Web制作領域のクリエイティブディレクターであれば、Web上での視覚的表現を指揮するアートディレクターが持っている資格があると説得力も増します。

▼特定非営利活動法人 インターネットスキル認定普及協会 Webデザイン技能検定
http://www.webdesign.gr.jp/

▼独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験ITパスポート
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

▼公益財団法人 画像情報教育振興協会 Webデザイナー検定
https://www.cgarts.or.jp/kentei/about/web/

また、いいアイデアとそうでないアイデアを見極める力も欠かせないので、クリエイティブディレクターを目指す人はいろいろな事例を見ながらその力を養うことも必要でしょう。

最近の動向(仕事のトレンド、求人量など)は?

消費者のメディア接触は以前と比べて大きく変わってきています。「テレビを見ない若者」も限られた一部ではなくなりつつあり、そんな時代に「どんな広告戦略が有効か」と考えるクリエイティブディレクターには、これまで以上にデジタルの知識や経験が求められています。
広告キャンペーンにおけるWebの位置づけが重要になるほど、活躍できるシーンも増えていきそうです。

Web制作会社やWebサービスの事業会社でもクリエイティブディレクターの求人は増加傾向にあります。

まとめ

今回はクリエイティブディレクターについて細かく解説してきました。
広告キャンペーンの全体予算を管理し、媒体購入などを担うため広告代理店が各媒体での施策を俯瞰して全体のクリエイティブディレクションを行うことがほとんどです。各媒体を担当する専門会社のクリエイティブディレクターは、広告代理店のリードクリエイティブディレクターと連携するわけですが、Web領域に限れば技術トレンドの移行が激しいため、他の媒体と比べると任される領域が多いという印象です。
経験や実績は必要ですが、やりがいが大きい仕事です。Web業界でものづくりをしたい!という人はキャリアパスの先にクリエイティブディレクターという道も考えてみてください。

Web業界にはWebプロデューサー、Webディレクター、Webデザイナー、Webエンジニアなど、全く違った持ち味を活かして働ける職種があります。
どこに適正があるか、今はまだ自分では分からないかもしれませんが、実際やってみたり、現場の人に話してみたりすることで、自分の道が見つかるかもしれません。
Web業界に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

「どんな職種が向いているのかわからない」という悩みを持つ方にオススメの適職診断をKROWLサイトで公開しています。
全10問の質問に答えるだけであなたの性格から適職を判断します!
気になる方は是非お試しください!

関連記事