転職エージェントと何が違う!?KROWLのキャリアパートナーとは

前回KROWLの由来、想いや目指す姿について、Web業界に特化したキャリアパートナー、ハタラクを見つける『KROWL』とは?をお届けしました。

今回は、KROWL(クロール)のコンセプトにもなっている「ハタラクを見つける、キャリアパートナー」のキャリアパートナーにフォーカスし、どのような想いで我々が存在するのかお伝えしたいと思います。

本記事は、KROWLのメンバーである堀内(Twitter:ほりうち/KROWL @KROWL8)がこれまで運営をしてきた中で、感じているKROWLの強みや他社との違いを個人の意見として執筆しています。

KROWL(クロール)のキャリアパートナーとは

世の中にありすぎる、キャリア〇〇

まず、KROWLのキャリアパートナーの内容に触れる前に、キャリアコンサルタント、キャリアカウンセラーなどキャリア〇〇とたくさんの言葉を耳にしたことはありませんか?
キャリア〇〇という言葉ですが、転職活動や就職活動時に聞くことが多い言葉(職種)ではないでしょうか。

国内にどれくらいのキャリア〇〇という言葉があるのか調べてみたところ、下記のような言葉(職種)が見つかりました。

  • キャリアコンサルタント(国家資格)
  • キャリアアドバイザー
  • キャリアカウンセラー
  • キャリアコーディネーター
  • キャリアデザイナー

※2019.10.01Google検索調べ

キャリアコンサルタントは国家資格のため、資格保持者しか名乗ることはできませんが、キャリアコンサルタント以外は誰でも名乗ることができます。

転職活動時、転職サービスに登録を行うと、上記のようなキャリア〇〇という職種の人が面接やカウンセリングを担当してくれることになります。

このときに、同じキャリア〇〇という肩書きでも、転職を希望する方との面談を専門に対応している場合もあれば、企業先に訪問して採用担当者とのやりとり(営業的な役割)も担う場合など、サービスや運営している会社によって担当している範囲は異なります。

KROWLではキャリアパートナーと表現していますが、キャリアパートナーと表現しているサービスや会社は他にもあるようですね。

KROWLキャリアパートナーの定義

それではKROWLのキャリアパートナーの定義についてお伝えします。

KROWL(https://krowl.jp/)はWeb/IT関連のお仕事に転職を検討されている業界未経験の方や、業界経験が浅い初心者の方を対象に学習から仕事選びまで一貫してサポートしてるサービスです。
Web業界未経験からの転職も安心していただけるように隣に寄り添うパートナーとして、「キャリアパートナー」と定義づけています。

働き方改革が進み、副業や在宅・リモートワークなど働き方が多様化する中、プライベートとのバランスも含めて働くことに求める価値が人それぞれ違う時代になりました。
だからこそ、一人ひとりのキャリアのあり方を模索し、寄り添いながら次のステップを作っていける存在になりたいと考えています。

サービス内容の一つでもある「キャリア相談」では、時には厳しいこともお伝えさせていただいています。これからどのようなキャリアを選んでいくのか、最終的な判断をするのはその人自身ですが、相談に来ていただいた方の人生のことを考えて、ベストなキャリアに導いていきたいという想いを持ってお話させていただいています。

その結果、転職希望の方であっても、まずは現在の会社でキャリアを築いていくという選択に繋がることもあります。転職希望の方に寄り添うことを何よりも大事にすることが、サービス自体の成長に繋がっていくと考えているからです。

様々な経歴を持つKROWLのキャリアパートナー

KROWLのキャリアパートナーの職種は様々です。

「え?」と思われた方は鋭いですね。

先ほど、キャリアパートナーは、キャリア◯◯と様々な呼び方がある「職種」というように書いていました。確かに職種でも良いのですが、KROWLの場合は意味合いが少し違ってきます。

KROWLを運営しているメンバーはキャリアパートナーでもあり、それぞれが制作や営業などを行っているメンバーです。

例えば、KROWLサイトはもちろん、お客様のWebサイトの受託制作も行う、Webディレクター、Webデザイナー、Webエンジニアの制作メンバーやWeb制作会社にて研修担当を行っているメンバーや制作会社を中心に営業(人材紹介や制作運用)しているメンバーなどがいます。

現役のWebディレクター、Webデザイナー、Webエンジニアといった制作現場を理解しているメンバーはもちろん、Webプロデューサー、広報、デジタル領域での営業などWeb/IT関連職種で経験を積んできた(現在も行っている)メンバーがキャリアパートナーとして担当していることはKROWLの強みだと自負しています。

実際にWeb制作会社や広告代理店などデジタル領域で仕事をしているメンバーが学習から転職活動までをサポートしますので、より現実的なご提案が可能です。

キャリアパートナーとして業界未経験の方や初心者の方のパートナーとしてサポートさせていただくために、日々、キャリアパートナー自身も制作の勉強はもちろん、転職活動に役立つ情報収集も行っています。

▼KROWLのキャリアパートナー一覧はこちら

一般的な転職エージェントとは、ひとあじ違います

Web制作がわかるキャリアパートナー

一般的な転職支援サービス(人材紹介、人材派遣をおこなっている企業やサービス)に登録すると、転職のプロの方(キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーなど)が担当者として相談に乗ってくれるケースが多いかと思います。

その時、彼らは転職に関してはプロフェッショナルであり心強いパートナーかもしれませんが、Web制作に関してもプロフェッショナルという方は、そう多くは無いのではないでしょうか。
(元デザイナーという肩書の方もいらっしゃるかもしれませんが、「元」であり「現」ではありません)

Web制作に携わる職種として、WebディレクターやWebデザイナー、Webエンジニアの仕事を紹介はしてくれると思いますが、Web/ITという特殊な領域においては、制作を経験している・していないの差は大きいものといえます。

KROWLのキャリアパートナーには現役のWebディレクター、Webデザイナー、Webエンジニアがいます。実務で使える制作スキルはもちろん、入社前に備えておくと良いことなど、他社の転職エージェントではなかなか聞けないようなアドバイスを聞けるのも魅力の一つです。

Webディレクター、Webデザイナー、Webエンジニアと広義では3職種のような聞こえもしますが、会社よって担当領域も違えば、使用しているツールや技術も異なります。現場感覚がわかるキャリアパートナーだからこそ、的確にその領域や技術を把握することができるのです。

KROWLを通したつながり

私たちは、Web/IT関連の仕事に就くための転職活動はもちろん、入社後のフォローやその後の制作協業など長く一緒にパートナーとして関係を構築したいと考えています。

転職活動という一時的な関係ではなく、KROWLというサービスをコミュニティの場として横のつながりを広げ、未経験の方でも、初心者の方でも関係なく、同じ業界の者同士としてみんなでつながりあって業界全体を盛り上げていければと願っています。

また、KROWLは未経験から現場に入るまでの「自信をつける」場として存在し、一人ひとりの転職活動を支え、Web業界へのきっかけをつくる存在となりたいと思います。

まとめ

KROWLのキャリアパートナーが他の一般的な転職サービスとは異なり、私たちがなぜ業界未経験の方の転職を支援させていただいているか伝わりましたでしょうか。

KROWLのキャリアパートナーの強みは、

  • 現役のWebディレクター、Webデザイナー、Webエンジニアがいること
  • 未経験からの転職活動に特化していること
  • 転職活動という一時的な関係ではなく転職後も継続した関係

だといえます。

この記事をお読みになって、興味を持たれた方は、
ぜひ、Web/IT関連の仕事に就くための転職活動や準備をKROWLで行ってみませんか?

未経験で不安に思う方も、我々と一緒にWeb/IT業界を目指してみましょう!
いつでもお待ちしております!

また、KROWLの由来、想いや目指す姿については、Web業界に特化したキャリアパートナー、ハタラクを見つける『KROWL』とは?をご覧いただければと思います。

「どんな職種が向いているのかわからない」という悩みを持つ方にオススメの適職診断をKROWLサイトで公開しています。
全10問の質問に答えるだけであなたの性格から適職を判断します!
気になる方は是非お試しください!

関連記事