成長するWebディレクターに共通するポイントとは?

みなさんはWebディレクターとして成長するためには何が必要だと思いますか?

Webディレクターってどんな仕事

幅広いWebディレクターの職域を解説

でも紹介したようにWebディレクターの仕事は制作過程の最初から最後までを幅広く担当します。

ここでは実際に現場で業務に当たっているWebディレクターの中でも成長している人に共通するポイントを見ていきましょう。

ゴール設定

ポイントとして把握することで、成長できるきっかけを作ることが出来ます。

まず成長を続けるには、ゴール設定が重要です。
どんな状態になっていればいいのか、その状態にたどり着くまでにはどのくらいの期間が必要で、今の自分に何が足りてなくて、それを充足するにはどうしたらいいのか、という具体的な施策はゴール設定後に具体化できます。具体化できていない人は、ゴール設定が明確でないことが大半です。

 

イニシアチブを持ち、きっかけ作り

ゴールが設定できたら、次に成長するきっかけが大切です。きっかけを作るためには、他人からの提案を待っていてはなにも始まりません。自らイニシアチブを持って、主体的に話を進めていく必要があります。

時には現時点で不要だと思われるサービスも、クライアントに必要だと思えば提案する。タスクや役割が宙に浮くことは日常茶飯事なのですが、その浮いた課題を浮きっぱなしにしない、自ら拾いに行ってマネジメントする姿勢が、Webディレクターとして、最も大事な素養の一つです。

 

柔軟性とストレス耐性

また成長の過程において、終わらないデスマーチ(※1)などのトラブルだったり、モチベーションが上がらないスランプの時期だったり、多くの困難が必ずあります。そんな状況に陥った時にそれを受け止める、受け流す、ある意味の楽観的で柔軟な考えと、ストレス耐性も大切です。

 

「新しい」への好奇心

新しい情報、環境に飛び込む勇気と、興味関心が必要です。

例えば、iBeaconという新しいセンシング技術(※2)のデバイスが出た際に、すぐに入手、プロトタイプ(※3)し、ビジネスのどの部分に活用できるかをすぐに実践するWebディレクターがいました。
彼はすぐに会社のソリューションとして提案できるくらいの情報を集めて、クライアントに提案、そして規模は小さいですがいくつかの導入実績を作り上げました。新しい技術なので、今後どう展開するかは分かりませんが、新しいマーケットで先攻する優位性を早々に作りあげました。

 

まとめ

  1. ゴール設定
  2. 過程の具体化
  3. 柔軟性と楽観思考
  4. ストレス体制
  5. 新しい技術やサービスへの好奇心

これらが成長するWebディレクターには共通しているポイントになります。

新しい職が故に、これから更に進化し、発展していく可能性があるWebディレクターなので、十分やりがいのある人生が送れるはずです。

 


  1. コンピューター関係のプロジェクトの際に、納期に間に合わなくなり、長い時間働かされてしまうこと 
  2. センサーなどを使って情報を収集する技術のこと 
  3. システム開発の初めに、ユーザーの行動を確認するために作成する試作品のこと

関連記事