幅広いWebディレクターの職域を解説

最初にお伝えしておくべき大事なことは、Webディレクターの職域は幅広いということです。これは採用につながりにくい要因にもなっており、また、採用や業務委託(※1)でミスマッチが起り続ける要因の一つになっています。

今日は幅広いWebディレクターの職域と種類を明確にしていきましょう。

設計フェーズ

Webディレクターの職域を語るには、Webディレクションの定義が必要です。
Webサイトはそもそも達成すべき目的を持っていて、その目的を果たすために必要な手段に落とし込みます。Webサイトに落としこむには、誰にどんな情報をどのように伝えるかという定義が必要です。
ユーザーのペルソナ(※2)設定や、ポジショニングマップ(※3)で対象ユーザーを絞り込み、そのために必要な情報設計を行い、要件を洗い出した段階でワイヤーフレーム(※4)に落とし込みます。

このフェーズを広く設計フェーズと呼び、Web制作では、最初に行なうべき領域、つまりWebディレクターの職域の一つになります。

 

制作、開発フェーズ

ユーザーの定義、情報設計を行なった後に、制作・開発チームと調整をしてチームを組成します。いわゆる制作・開発のフェーズです。
通常、ワイヤーに落とし込んだものをベースに、デザイナーがグラフィックデザインを起こして、構成要素毎にコーディングを行ないます。コーディング後、仕様を満たす要件を整理し、エンジニアがプログラミングを行なっていきます。

クライアントと約束した仕様を納期に間に合わせるよう、制作・開発チームの進捗管理、工数管理、プロジェジェクト収支管理が必要になります。

 

運用フェーズ

その後、サイトが出来上がった後に、そもそもの目的達成のために、解析ツールのデータを基に、改善を繰り返して数値を上げていく運用フェーズに移ります。
最近では新規サービスの運用をグロースハックと呼び、新規事業担当とは別に、Webサービス育成させていく選任の担当も新しい役割として誕生しています。

ここでは、解析ツールの数字の先にユーザーの動きを把握し、ユーザーの感情設計をコントロールすることで、KPIを達成していくことがミッションになります。

 

まとめ

今回Webディレクターの職域について解説しましたが、Webサイトの骨組み作りである、設計フェーズから、実際にサイトを制作していく、制作、開発フェーズ、そして出来上がったサイトを目的達成のため日々改善していく運用フェーズまでと、様々なフェーズに関わるWebディレクターの職域の広さに、皆さん驚いたのではないでしょうか。様々なフェーズをまたいで活躍できる職種、それがWebディレクターなのです。

 


  1. 企業と雇用契約を結ばず、対等な立場で仕事を引き受ける契約形態のこと 
  2. 商品やサービスの典型的なユーザー層を人物として定義したもののこと 
  3. 自社製品や自社サービスが他社より優れている、独自のポジションを導き出す手法 
  4. Webページのコンテンツやレイアウトを示す設計図のこと

関連記事