システムエンジニアからWebマーケターへ!好奇心から始まったWebマーケティングの道

今回は、現在Webマーケターとして求人広告などの運用を行っている、中西慶彰さんにインタビューをさせていただきました。

中西慶彰 (ナカニシ ヨシアキ):Webマーケター
メーカでのSEや建築不動産の物件サイトの運用を経て、Webマーケターに転身。
その後は、大手中途向け転職サイトやECコンテンツなどのマーケティングを行う。
現在は人材系企業のWebマーケターとして、複数の自社サービスのWeb広告運用に従事。

好奇心に導かれて、Webマーケティングの道へ

-これまでの経歴はどのようなものでしたか。

メーカーでのSEや建築不動産での物件サイトの運用、転職エージェント系の企業やWebメディア系の企業でのWebマーケティングなど、様々な経験を積んできましたね。

そもそも、大学時代に情報系の学部にいたので、Javaなどのプログラミング言語を学んでいたんです。そこから、新卒でメーカーのSEになって4年ほど働いていました。

次に働いていた建築不動産の企業では、自社で持っている物件サイトの運用を担当していて、新しい物件が入った際にWebサイトに更新していく作業を主に担当していました。
ただ、どちらかというと何でも屋みたいなポジションだったので、自社サイトの情報を更新するだけでなく、CAD(※1)を使用して部屋の間取り図を作成したりもしていましたね笑

Webマーケティングに出会ったのも、ちょうどこの頃だったと思います。


※1:CAD(キャド)。「Computer Aided Design」の略で、図面の設計・作図をするツール。

―どのようにWebマーケティングに出会ったのですか

物件サイトの更新業務をしていく中で、どれだけの人がサイトに訪れて、どのページが見られているかなどのデータを、分析ツールのGoogleアナリティクスを使用して集計していたんです。

そんな中で、いつからか実際にこのデータってどう分析されて、何につながっているのかということに興味を持つようになりました。
それがWebマーケティングの道へ進む第一歩でしたね。

Webマーケティングの書籍を読んでみたりすると私が想像していた以上に深い世界で…
どうやらWebマーケターという職種の人が専門的に行っているということを知りました。

そこから、書籍で学習するだけではなく、実際に仕事としてやっていかないと身につかないと考え、転職エージェント系の企業にWebマーケターとして転職しました。

そこでは転職サイトに登録している会員がどのようにサイトを使用し、どのような行動をとっているか、どこに使いづらさを感じているか、などを分析ツールを使用して抽出し、そのデータを元にサイトの改善施策を考えていました。
また、サイトを改修する際の制作進行などもしていましたね。

次のWebメディア系のECコンテンツを販売している企業では動画販売のECサイト内にある広告の運用などをしていました。
ただ、突発的にプログラマーとしてアサインされて、Webサイト構築の手伝いをしていたりと、ここでもまた何でも屋みたいな感じで動いてましたね笑

Webマーケターとしてのキャリアを考えた転職

-そこからなぜ今の会社に入社したんですか

前職のECコンテンツを運営していた企業は、すごく自由な社風で働きやすい環境ではあったのですが、どちらかというとエンジニアさんが花形の会社で。
それこそ新規事業もエンジニアさんが中心となって、立ち上げていくような風潮がありました。

今後の自分のキャリアを考えていく中で、Webマーケターが輝ける環境で自分の実力を伸ばしていきたいと考え、今の会社に転職したんです。
あと、広告宣伝費として月1千万円以上の予算があると聞き、今までの予算ではできなかったことにチャレンジできることも、転職した決め手の1つでした。

-現在はどのようなお仕事をしていますか

現在は医療関係の求人情報を取り扱うサイトのWebマーケターとして、数万件の求人情報をさまざまなWeb広告媒体に出稿運用おこない、日々改善活動を推敲していきながら、応募獲得につなげていく仕事をしています。

限られた広告費の中で最大限の効果を出し、ダイレクトに事業の発展につながっていくお仕事ですので、裁量がとにかく大きい、とてもやりがいのある仕事です。

-マーケターになる前となった後のギャップはありましたか

本格的にマーケティングを始める前は、淡々とデータを集計・分析して、それを根拠に立てた施策を社内やクライアントに伝えていくのがWebマーケターの仕事だと考えていました。

実際に働いてみると、広告として出すLP(ランディングページ)やバナーをどのようなデザインにしたらより効果を出せるか、施策を他の職種の人達にどう伝えればより納得してもらえるか、というデザインやディレクション領域のことも考えなければならないことを知りました。

正直、Webマーケターとして考えなければならない領域の幅広さには驚きましたね笑

今では、デザインやディレクション領域など全ての要素が掛け合わさることで、初めてマーケティングも力を発揮し、数値という形で結果が出てくるものだと実感しています。

-デザインやディレクション領域についてはどのように学んだのですか

Web系のスクールにも通っていたこともあり、ある程度の知識は持っていたのですが、現場で実際に仕事をしていく中で身につけたものがほとんどですね。
ディレクション領域に関しては本当にそれが顕著でして、実際に制作の進行をしていく中で、より伝わりやすい話し方や言葉の選び方がわかってきました。

デザインに関してはランディングページのまとめサイトがあるので、とにかく見まくるというのはやっていますね笑
知識や経験を自分に中に蓄積していくことは、本当に大切だと思います。

何事にも「成功」の定義を決めるということ

-仕事において一番大切にしていることは何ですか

何事にも「こうなれば成功である」という定義を決めることです。

例えば、AのデザインとBのデザインのLPを配信するとします。
そこで、Aのデザインの方がより多くの応募がきていたら、Aの方が優れていると決めてしまうことがあります。
ただ、一時的な結果だけでは数字の上昇が継続的に続くとは限りません。
それこそ時期的にタイミングが良かったということも考えられますし…

時期だけでなく、現在や過去のトレンドなど様々な側面を考慮したうえで、「どのくらいの数字を目指すか」という成功の定義を明確に決めることが、結果を残していくために大切だと考えています。

-最も印象に残っているお仕事はなんですか。

「月間の会員数を今の2倍以上に伸ばす」というミッションを課せられた仕事が最も印象に残っています。

求人広告の運用って本当に根気のいる仕事で…
ランディングページやバナーの修正・配信を繰り返しながら、データを集計して、どうすれば応募数が増えるかという勝ちパターンを常に見つけていかなければならないんです。

ただ、その作業を続けていると段々と修正が雑になってしまい、それに応じて、数字も下がっていくことがあります。
私が任せられた案件も、ちょっとした気の緩みが原因で数字が下がっているというものでした。

その状況を改善するべく、広告のデザインやキャッチコピーなどを空気を吸うかのごとく地道に改善し、より効果的な広告を作り出すことで、下がっていた数字はV字回復。
月間の会員登録数を2倍にするという目標を達成することができました。

マーケティングと聞くと一見派手な仕事に思えますが、一番大切なことは細かい改善を地道に行い、知見を蓄えて、より効果的な施策を打ち出していくことだと気づいた印象深い仕事でしたね。

-Webは中西さんにとってどのようなものですか

Webというのはあくまでも1つの手段だと考えています。
生かすも殺すも、関わる人やモノ、サービス、お金次第で変わります。

-Web業界を目指す人へ

いちばん大切なことは、自分は「何が好き?」これ本当に大切です。
自分が好きなものや、また自分に合っていると思えるものを見つけて、それを深めていくと道はゆっくりでも少しずつ開けていくと思います。
これからWeb業界にチャレンジしたいと考えている方は、自分に合う職種を見つけて、とことん極めていってください。

関連記事