新型iPhone, iPad, Apple Watch…Web業界を目指すなら知っておきたい!Apple新製品まとめ

Web業界で働く上では、デジタル関連の話題には常にアンテナを高く張っていなければいけません。
(という建前でエンジニアKが趣味全開の記事を書きたかったんです)
今回は、本日(日本時間2019年9月11日 午前2時)のイベントで発表されたAppleの新型iPhoneや新型iPad, 新型Apple Watchなどについて、それぞれの特長をまとめてみたいと思います!

iPhone 11

まずはiPhone XRの正当進化であるiPhone 11です。
同時に発表されたiPhone 11 Proより3万円以上安い価格ですが、前モデルにあたるiPhone XRと比較すると大幅に機能が拡張され、日常使いでは全く問題ない仕上がりになっています。

今年も新色揃い!選べるカラーバリエーション6種

昨年に引き続き、今年も6種類のカラーから選べるようです。
iPhone XRで選べた「ブルー」「コーラル」の代わりに「パープル」と「イエロー」が登場しました。
また、それ以外の色は昨年と同じようですが、画像を見比べてみると実際の色は微妙に異なっているようですね。
そして、今まで本体の上寄りにあったアップルロゴがついに中央に配置されました。

2種類のレンズを搭載した新しいカメラ

iPhone XRはシングルカメラでしたが、今回のiPhone 11は広角と超広角の2種類のレンズを搭載しています。
また、夜間撮影に強いNight Modeや120fpsでスローモーションのセルフィーを撮影するスローフィー機能などを搭載し、様々なシーンでの撮影が可能になっています。

バッテリーやサウンド、防水性能など、目に見えない部分も着実に強化

進化したのはもちろんカラバリや本体色だけではありません。
iPhone XRに比べ、バッテリーの持ち時間は1時間向上し、一歩進んだ音響体験が得られるDolby Atmosにも対応。防水性能もさりげなくIP67規格からIP68へとレベルアップしています。
Wi-Fiも次世代規格の802.11ax Wi-Fi6に対応し、うっかり割りがちな画面も強化。
まさに必要なアップデートにしっかり対応した堅実なモデルと言えます。

iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max

続いて今回の大本命、フラッグシップモデルであるiPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Maxです。
iPhoneシリーズでは初めて「Pro」という名称が冠されました。

3種類のレンズとソフトウェアによって最適化されたカメラ

今回の一番の目玉はなんといってもカメラです。
近年、スマートフォンのカメラ性能は飛躍的に向上していますが、iPhone 11 Proもその例に漏れず、望遠、広角、超広角の3種類のレンズを搭載しています。
また、iPhone 11 ProにはDeep Fusionという技術を搭載しており、バックグラウンドで撮影した9枚の写真を比較・合成することで、美しい写真を生成しているとのことです。

独自開発の新型SoC Apple A13 Bionic

そんな素晴らしいカメラを支えるのがAppleがiPhone 4の頃より独自に開発してきたAシリーズSoCのA13 Bionicです。
iPhone X発表以降、AシリーズのSoCにはNeural Engineと呼ばれる機械学習の処理を専門に行うハードウェアが搭載されましたが、今回もそれがアップデートされています。

今回、Keynote上ではどれだけ性能が向上したかということは語られませんでしたが、スマートフォン向けとしては最速のCPU / GPUであるとのことです。

さらに良くなるの!?新登場のSuper Retina XDRディスプレイ

6月に開催されたWWDCの基調講演ではPro Display XDRというプロ向けの高級ディスプレイが発表されましたが、iPhone 11 Proもそれに負けずとも劣らないディスプレイを搭載しています。
最大1,200ニトの輝度、2,000,000:1のコントラスト比という、スマートフォンの中でも群を抜いて高いスペックを持ち、その上前モデルよりエネルギー効率が良いときています。

バッテリーが大幅進化!より長く、より速く

iPhone 11はiPhone XRよりバッテリーが1時間長く持つようになりましたが、iPhone 11 ProではなんとiPhone Xsより4時間、iPhone 11 Pro Maxに至ってはiPhone Xs Maxより5時間長持ちするようになりました。
さらに付属する18W電源を使うことで急速充電にも対応し、30分で50%の充電が可能です。9月20日から発表されるApple Arcadeでバッテリーを大量に消費する予定のユーザーには願ってもないアップデートですね!

iPad

今回は「Pro」や「Air」の名前を冠さない、いわゆるエントリーモデルのiPadのみがアップデートされました。
大きな変更点は以下のふたつです。

  • 画面が9.7インチから10.2インチに拡大
  • Smart Connectorを搭載し、Smart Keyboardに対応

今までiPad ProとiPad Airにしか対応していなかったSmart Keyboardが使えるようになったのは嬉しいですね!
搭載されているSoCは前モデルと同じA10 Fusionですが、こちらも十分高速なので、日常的な使い方で困ることはないでしょう。

Apple Watch Series 5

Apple Watchは今回のアップデートでついに常時表示に対応しました。
筆者も一時期Apple Watchを使っていたことがあるのですが、時間を確認するときに腕を上げる動作→表示まで一瞬の待ち時間があったり、うまく反応してくれないことがあり若干不便を感じるシーンがありました。
新型Apple Watchは画面のリフレッシュレートを1Hzに抑えることで、常時表示でも1日中バッテリーが持続します。

新型の発表と同時に、ケースとバンドを自由に組み合わせて購入できるApple Watch Studioが登場しました。
今まではある程度予め決められた組み合わせしか購入できなかったので、これは素直に嬉しい!

まとめ

毎回ワクワクする新製品が目白押しのApple新製品発表会ですが、今回も盛りだくさんの内容でした。
特にiPhoneのカメラの進化は凄まじく、成熟傾向にある昨今のスマートフォン市場におけるカメラ性能の重要さを感じることができました。
また、製品だけでなくApple ArcadeやApple TV+の紹介もありました。ハードウェアだけにとどまらず、サービスでも多方面に展開するAppleから、今後も目が離せませんね!

関連記事