Webサイト運用者とは?仕事内容〜年収まで徹底解説!

Webサイトは作るまでの期間よりも、作ってからの期間のほうが長いもの。常に最新の情報を掲載し、来訪者の期待に応えるために、日々の運用は不可欠です。

そこで今回は日々の運用を担うWebサイト運用者について、その仕事内容から平均年収まで、全容を解説していきたいと思います。

Webサイト運用者の仕事内容

Webサイトの運用で大切なのは「常に最新の状態を保ち続けること」です。
新規ページの追加、古くなった情報の削除、内容の差し替え、リンク切れのメンテナンスなどに加え、アクセス分析、更新に伴うメルマガ配信、Webサーバーの監視・保守、WordPressを導入していればCMSやプラグインのバージョンアップなども行います。対象はWebサイトの掲載内容だけでなく、バックエンドの監視や保守なども含まれます。

そのためWebサイトごとに運用チームを編成して運用にあたるのが一般的です。
Webサイトの種類や業務内容、プロジェクトの規模によって加わるスタッフとその稼働は変わりますが、コアメンバーはクライアントとの調整や進行管理を行うWebディレクター(運用ディレクター)と制作実務を行うWebサイト運用者になります。

※Webサイトの運用にはさまざまな職種のスタッフが関わりますが、ここでは日々の更新業務を担う制作会社の制作スタッフを指してWebサイト運用者とします。

基本的な仕事の流れは、クライアントの依頼を受けて、ページを制作して、公開するという流れ。効率的に運用するために業務マニュアルを策定し、オペレーション化することが多いようです。企業サイトのニュースリリース公開、オウンドメディアの記事追加、ECサイトの終売商品の削除、商品リニューアルに伴う画像差し替えなどが挙げられます。
商品リニューアルによる画像差し替えなど事前に公開日が分かっているものもあれば、公共交通機関の運行情報のような随時対応が必要な運用業務もあります。
いずれにしても、公開までの業務フローがルール化されているため、ルーティンな作業と言えでしょう。

Webサイト運用者のやりがい

ひとつのWebサイトにじっくり関わるため、Webサイトの成長を実感することができます。業務はルール化・マニュアル化されているため「クリエイティビティを発揮しているぞ!」という感覚は得られにくいものの、企業の市場価値を左右する情報や市民生活に直結する情報を扱うこともあり、クライアントの企業活動を支えているという誇りを感じられる仕事です。
また、日々の運用では多くのスタッフと連携することから、幅広い職種の仕事内容への理解を深めることができます。

Webサイト運用者のキャリアパス

最初のうちはルールやマニュアルに則ったページ更新業務を担当すると思いますが、経験を積んでいくとファイル管理や記事に挿入する画像制作など、作業領域が広がっていきます。ルールやマニュアルを作る側になることもあるでしょう。

業務がルール化・マニュアル化されていることから、制作会社の中にはベテランWebサイト運用者と実務経験の浅いコーダーを組ませることも少なくありません。サイト制作のスキルを積んでフロントエンドエンジニアやWebデザイナーを目指す人もいます。またWebサイトの運用業務では多様な職種のスタッフとの連携が不可欠です。別の職種に興味が出てきて、その道に進むという人もいます。

Webサイト運用者に向いている人

じっくり腰を据えてひとつの業務に向き合うのが好きな人、ルーティンワークのほうが性に合っているなと思う人は向いているでしょう。
業務フローや更新スケジュールが事前に決まっていることが多く「時間が読める仕事」であることから、「残業したくないよね」という人にも人気です。

未経験からWebサイト運用者を目指すには?

業務がルール化・マニュアル化されていることから、基礎的なPC操作ができればOKという求人もあります。「とりあえずWeb系の業界に」という人にとっては、とてもチャレンジしやすい職種です。

Webサイト運用者の平均年収は?

運用/監視/保守の平均年収は385万円程度と言われています。

20代:335万円
30代:423万円
40代:508万円
50代〜:641万円
▼参考データ
https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_07

仕事に活かせる経験・スキル・資格って?

Webサイト運用者に必要な資格はありませんが、制作に関する知識やスキルがあると仕事も速くなり、より活躍の場が広がります。

▼ホームページ制作能力認定試験
https://www.sikaku.gr.jp/web/hp

▼Webクリエイター能力認定試験
https://www.sikaku.gr.jp/web/wc/

▼独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験ITパスポート
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

最近の動向(仕事のトレンド、求人量など)は?

企業活動におけるWebサイト利用は現在も増えています。日々のWebサイト運用業務は、派手さこそないものの企業活動を支える重要な仕事です。求人量も多くあります。
構築には構築のノウハウ、運用には運用のノウハウがあり、運用業務を多くやっているWeb制作会社を受けるといいでしょう。

また大企業の中にはグループのWebサイト運用を手掛ける系列会社もあります。興味のある企業、ブランドがある人は、そのあたりの企業研究もしてみてください。

まとめ

Webサイトの運用業務は、どんなWebサイトにもある業務です。今回はページの更新業務をメインに行うWebサイト運用者にフォーカスを当てて項目ごとに細かく解説してきました。

Webサイトの運用業務は「ルーティンだから面白みに欠ける」と思う人もいるかもしれませんが、むしろ公開後の運用の方が大事だと考えるクライアントもいます。
どんなWebサイトも公開後のこと(運用時のこと)を考えて構築されるわけで、どんなキャリアパスを歩むにしても、運用業務で得られた経験、知識は生きています。
「これからWeb業界に」と考えている人にはチャレンジしやすく、得られるものも大きい仕事だと思います。

Web業界にはプロデューサー、ディレクター、デザイナー、エンジニアなど、全く違った持ち味を活かして働ける職種があります。
どこに適正があるか、今はまだ自分では分からないかもしれませんが、実際やってみたり、現場の人に話してみたりすることで、自分の道が見つかるかもしれません。
Web業界に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事