アートディレクターとは?仕事内容〜年収まで徹底解説!

Webサイトは、どんな印象をユーザーに与えるかによって、得られる結果も変わってきます。ユーザーに与える印象の中で大きな割合を占めるのがデザインであり、Webデザインの全体を統轄するのがアートディレクターです。

今回はアートディレクターについて、その仕事内容から平均年収まで、全容を解説していきたいと思います。

アートディレクターの仕事内容

アートディレクターは、ビジュアルコミュニケーション、視覚的表現の指揮をとる責任者。Web制作のプロジェクトでは、デザイン部門のリーダーという位置づけです。Webサイト全体のデザインコンセプトの立案、デザインの方向性やルールの策定、Webデザイナーのアサインや各Webデザイナーへのディレクションが主な仕事です。大きなプロジェクトでは複数のWebデザイナーが同時に作業を進めていくので、各メンバーが制作したデザインを「Webサイト全体として見たときに整合性がとれているか」と俯瞰的にチェックし、全体のクオリティをコントロールしていく役目と言ったらイメージしやすいでしょうか。

プロジェクトの規模によっては、ディレクションやマネジメントだけでなく、アートディレクターが自ら手を動かしてデザイン制作業務にあたるケースもあります。

アートディレクターのやりがい

デザインコンセプトに基づいて制作していくWebデザイナーに対して、アートディレクターはそのデザインコンセプトを決めるという重要な役割を担います。自分で「目的を達成するには、こういう方向性で打ち出したほうがいいだろう」、「こういうコンセプトにすれば課題が解決できるだろう」と考えたアイデアを、Webデザインという形にして世の中に送り出せることは大きなやりがいになります。

また、アートディレクションを担当したWebサイトが目標以上の成果を達成できたり、クライアントから感謝されたり、世の中で話題になったり、業界の中で成功事例として取りあげられたりすると、感じる達成感も大きなものになります。

アートディレクターのキャリアパス

デザイン部門のリーダーとしてプロジェクトに参加するアートディレクター。経験を積んでいくと、制作物全体のクオリティを統轄するクリエイティブディレクターや制作現場全体をマネジメントするWebディレクター、プロジェクト全体の責任者であるWebプロデューサーやプロジェクトマネージャーになるケースが多いようです。

デザインコンセプトの策定などコンセプトワークが得意な人の中には企画職に転向する人、デザインスキルやディレクションスキルを生かしてWebサービスを立ち上げて起業する人もいます。

アートディレクターに向いている人

アートディレクターは自ら制作業務をすることは少なく、クライアントの要望を聞いたり、Webデザイナーに指示を出したりと、多くの人とコミュニケーションしながら仕事をしていきます。クライアントと打ち合わせをしていると「なんとなくこんなイメージで」という発注を受けることもあります。デザインコンセプトを考えたり、感覚的なイメージを言語化してメンバーに指示するには、本質を捉える力やコミュニケーション力が必要です。

視覚的表現の責任者として「本当に伝えたいことは何か、どういうデザインにしたら伝わるか」を判断する立場なので、物事を俯瞰的に見るのが得意な人、ひとつの意見に固執しないバランス感覚の持ち主も向いていると言えます。
案件化に必要な提案力、プレゼンテーションスキルなども活かすことができるでしょう。また、課題解決を提案する点では、最新技術やトレンドを追うのが好きな人も向いていると言えます。

未経験からアートディレクターを目指すには?

アートディレクターはデザイン部門のリーダーとして、Webデザイナーたちを束ねていくのも重要な仕事。未経験から転職して、いきなりアートディレクターに就任するケースは考えづらいでしょう。Webデザイナーとして制作現場を積んでから、アートディレクターになるのが一般的。まずはWebデザイナーとして実績を積むことを考えましょう。

▼未経験からWebデザイナーを目指すには?
https://magazine.krowl.jp/3709/#Web-5

平均年収は?

アートディレクターの平均年収は470万円程度と言われています。

20代:370万円
30代:494万円
40代:594万円
50代〜:627万円

▼参考データ
https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_01

仕事に活かせる経験・スキル・資格って?

「この資格がなければアートディレクターを名乗れない」ということはありませんが、Webデザインをディレクションする上で、Webデザインや制作に関する知識・スキルは必要なもの。Webデザイナーとしてある程度経験を積んだとき、知識やスキルの裏付けとなる以下のような資格があると、会社に対して「アートディレクターになりたい」とアピールするときにも役立ちます。

▼特定非営利活動法人 インターネットスキル認定普及協会 Webデザイン技能検定
http://www.webdesign.gr.jp/

▼独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験ITパスポート
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

▼公益財団法人 画像情報教育振興協会 Webデザイナー検定
https://www.cgarts.or.jp/kentei/about/web/

最近の動向(仕事のトレンド、求人量など)は?

Webデザイナーとして経験を積めば、誰でもアートディレクターになれるというわけではありません。的確なディレクションができる、結果の出せるディレクションができるアートディレクターは引く手あまた。好条件の求人も多くあります。

以前にも増して全体予算に占めるWeb関連の割合が多くなり、あらゆるプロモーションがWebを中心に展開されていくようになると、Webのアートディレクターが、プロモーション全体のアートディレクションやクリエイティブディレクションを行うことも考えられます。その点では、グラフィック広告やアプリ、IoTデバイスなど、Webサイトだけに留まらない知識やスキルがあるアートディレクターは活躍の場を広げていける可能性があるでしょう。

まとめ

今回はアートディレクターについて、項目ごとに細かく解説してきました。
キャリアパスで考えるとWebデザイナーの延長上にアートディレクターがあるとも言えますが、求められるスキルは大きく異なります。中にはWebデザイナーとしてよりも、アートディレクターになってから力を発揮する人もいます。自分のアイデアを形にするという点では、とてもやりがいの大きい仕事です。もう一皮むけたいと考えているWebデザイナーは、アートディレクターにチャレンジしてみてください。

Web業界にはプロデューサー、ディレクター、デザイナー、エンジニアなど、全く違った持ち味を活かして働ける職種があります。
どこに適正があるか、今はまだ自分では分からないかもしれませんが、実際やってみたり、現場の人に話してみたりすることで、自分の道が見つかるかもしれません。
Web業界に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

「どんな職種が向いているのかわからない」という悩みを持つ方にオススメの適職診断をKROWLサイトで公開しています。
全10問の質問に答えるだけであなたの性格から適職を判断します!
気になる方は是非お試しください!

関連記事