Webプロデューサーとは?仕事内容〜年収まで徹底解説!

Webサイト制作は、企画からデザイン、実装まで様々なスキルを持った多くのスタッフが携わります。限られた予算と納期の中で最大限のパフォーマンスを発揮すべく奔走するのがWebプロデューサーです。

今回は、プロジェクト全体を統括するWebプロデューサーについて、その仕事内容から平均年収まで、全容を解説していきたいと思います。

Webプロデューサーの仕事内容

Webプロデューサーは、プロジェクトのリーダーであり統括責任者です。
Webサイト制作業務などの案件を作り(案件化)、作った案件を成功へ導くこと(プロジェクト管理)が主な仕事です。

案件化では、クライアントの要望をヒアリング(あるいは自主的に提案)して、プロジェクトの受注を目指します。課題を発見し、解決策を考え、クライアントに提案するため、企画力、提案力、プレゼンテーション力、営業力などが求められます。

無事受注して案件化ができたら、制作スタッフを集めてチームを編成し、獲得できた予算と納期の中でベストを尽くせる環境を整えます。
実制作の現場はWebディレクターに任せ、制作費や人件費などのコストを管理しながら、プロジェクト全体を俯瞰します。必要であれば制作チームを直接指揮したり、外部スタッフの舵取りをしたり、クライアントと折衝をしたりすることもあります。

リーダーシップ、マネジメント力、コミュニケーション力が発揮される仕事です。

Webプロデューサーのやりがい

競合プレゼンや自主提案など、仕事がないところから仕事を作り出す局面は、多くのWebプロデューサーが気合いの入る場面です。「◯千万円の仕事を獲りました」というような見えやすい成果は達成感に直結します。

プロデュースしたWebサイトが目標以上の成果を達成できたり、クライアントから感謝の言葉をもらったり、世の中で話題になったりするとやりがいになります。

また、プロジェクトチームを率いるマネジメント職として、メンバーの頑張りが認めらたり、メンバーの成長を感じられる瞬間に立ち会えるのが嬉しいというWebプロデューサーもいます。

Webプロデューサーのキャリアパス

WebプロデューサーはWeb制作業務における統括的な立場です。
会社によっては上位クラスのWebプロデューサーをシニアWebプロデューサーと呼ぶ場合もあります。
Webサイトのみならず、デジタルとリアルを融合したプロジェクト、IoT商材の開発など、プロジェクト規模や領域をどんどん広げていくキャリアの描き方もあれば、ひとつの得意な領域に特化して成果を追求していく人もいます。

また、その他のキャリアパスとして、提案力を生かしてITコンサルタントに転向する人や、マネジメント力を生かして経営層にステップアップする人、仕事を通じて培った人脈を生かして起業する人、クライアント側のWeb責任者に転身する人もいます。

Webプロデューサーに向いている人

Webプロデューサーは自ら制作業務をすることは少なく、仕事の多くが人とのコミュニケーションです。スタッフをやる気にさせるマネジメント力、案件化に必要な提案力、プレゼンテーションスキルに自信がある人は向いています。
課題解決を提案する点では、最新技術やトレンドを追うのが好きな人も向いていると言えるでしょう。

また、プロジェクトのリーダーという責任ある立場であることを考えると、トラブルが発生したときも落ち着いていられること。冷静かつ的確にジャッジできる判断力、決断力も必要です。

未経験からWebプロデューサーを目指すには?

スタッフを任命するにしてもプロジェクトにあったスキルを持つ人を任命できるネットワークがなければ難しいですし、予算を管理するにしても「これくらいの規模でこういう仕様だと、これくらいのスキルを持ったエンジニアが何人がかりで何日稼働する必要がある」などのイメージできなければ適切な管理はできません。そのため、制作現場などである程度経験を積んでからWebプロデューサーになるケースがほとんどです。

傾向としてWebディレクターからWebプロデューサーにステップアップするケースが多いようですが、Webデザイナー、Webプランナー、Webエンジニアなど、どの職種からでも目指すことはできます。
興味のある職種で実績を積んでから目指すのが良いでしょう。

平均年収は?

Webプロデューサー/ディレクターの平均年収は450万円程度と言われています。

20代:366万円
30代:464万円
40代:530万円
50代〜:573万円

▼参考データ
https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_01

仕事に活かせる経験・スキル・資格って?

プロジェクト全体の統括責任者のため、Web制作やWebマーケティング、データ分析、システム関連の知識や経験があるとWebプロデューサーとして活躍の場も広がります。
必要な資格は特にありませんが、資格を持っていると一定のスキルを持っていると認められるようです。

▼公益社団法人 全日本能率連盟 Web検定 Webプロデューサー
https://webken.jp/produce/

▼特定非営利活動法人 インターネットスキル認定普及協会 ウェブデザイン技能検定
http://www.webdesign.gr.jp/

▼国際実務マーケティング協会 マーケティング・ビジネス実務検定
https://www.marke.jp/

最近の動向(仕事のトレンド、求人量など)は?

幅広い案件に対応できる経験値、Webサイト制作やWebマーケティングの知識とスキル、ビジネスパーソンとして総合力のあるWebプロデューサーは慢性的に不足していて求人は多くあります。
近年はWebサイトにも結果が求められる傾向が強くなっているので、Webマーケティングに強かったり、結果を出せるスキームを構築できたりすると重宝されます。

まとめ

今回はWebプロデューサーについて、項目ごとに細かく解説してきました。
Webプロデューサーになるには、ある程度Web制作現場での経験が必要です。これはWeb制作現場での経験があれば、Webプロデューサーを目指せるということでもあります。
経験のある人、実績のある人に仕事が集まる傾向は、どの業界にも当てはまること。Webプロデューサーを目指す人は、何事にも積極的にチャレンジして、幅広いスキルを身に付けられるよう普段から意識すると良いでしょう。

Web業界にはプロデューサー、ディレクター、デザイナー、エンジニアなど、全く違った持ち味を活かして働ける職種があります。
どこに適正があるか、今はまだ自分では分からないかもしれませんが、実際やってみたり、現場の人に話してみたりすることで、自分の道が見つかるかもしれません。
Web業界に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事