Webエンジニアとは?仕事内容〜年収まで徹底解説!

Web業界はとてつもない速度で進歩し、それに伴い技術も多様化しています。
昨今では幅広い開発領域に対応するためによりその分野に特化した職種が生まれています。
その中の様々な領域を総称して「Webエンジニア」と呼んでいます。

今回は、近年ますます重要性の高まっているWebエンジニアについて、その仕事内容から平均年収まで、全容を解説していきます。

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアは、WebサイトやWebサービスをちゃんと機能させる人。「ちゃんと」というのがポイントですね。実装はもちろん、システムの仕様検討や設計、公開後の保守・運用なども担当することがあります。
また、クライアントに提案するものは最終的に実現できるものでなければいけません。どんな技術・表現で実現できるか、WebディレクターやWebプロデューサー、Webデザイナーたちの相談役になる場合もあります。

担当領域の広さから一般的に、ユーザーに見える部分を担当するフロントエンドエンジニアと、見えない部分を担当するバックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)に区分けされます。

▼フロントエンドエンジニア
HTMLやCSS、JavaScriptなどを使用して主にWebサイトの見た目の実装を行う。

▼バックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)
サーバーやミドルウェア、データベースなどのシステム開発を行う。PHP、Java、Perl、Ruby、PythonなどのWeb系のプログラミング言語を使用することが多い。

プロジェクトの規模や体制、エンジニアのスキル、得意分野によって担当する部分は異なります。WordPressのカスタマイズが得意なフロントエンドエンジニアがPHPまで書くこともありますし、バックエンドエンジニアが応募フォームのシステム開発のついでに入力画面のマークアップをすることもあります。

Webエンジニアのやりがい

例えば動きのあるWebサイトでは、同じ動きを再現する方法もひとつではありません。

CSSアニメーション、JavaScriptによるDOM操作、SVGアニメーション、Canvasアニメーション…それぞれできることや工数が異なるので、実現したい表現や納期を鑑みた上で最適な技術を選ぶ必要があります。
Webエンジニアの選択・決断が「ハマる」、言い換えると思い通りに機能し、クライアントやユーザーから想定以上の反応が得られると喜びにつながります。

また、Web業界では新しい技術、新しい表現が次々と出てきます。時代の最先端で仕事する楽しさ、新しいことに挑戦できることもやりがいの一つです。

Webエンジニアのキャリアパス

会社やチーム、案件の規模にもよりますが、WebエンジニアもWebデザイナーと同じく初めのうちはメインのエンジニアが設計したソースコードを参考に量産の作業や技術的に難易度が低い部分を担当するなどのサポートに回ることが多いです。

その後メインのエンジニアとして一通りの仕事を回せるようになっていき、ある程度キャリアを積んだ後は現場のエンジニアの技術的サポートやチームの統括をするポジションであるテックリードやエンジニアリングマネージャーといった道に進んでいきます。

また、プレイヤーとしてその道を極めたい人は、フロントエンドやバックエンド問わず活躍するフルスタックエンジニアとして制作現場の中心になっていきます。
近年では、よりユーザー体験を重視した開発を行うUXエンジニアという存在も目立ってきており、アプリケーションやサービスなどの使い勝手を考えられるエンジニアの必要性が高まってきています。

Webエンジニアに向いている人

Webサイトを「ちゃんと」機能させるためには、プロジェクトの要件にあわせて、最適な技術を選ぶことが大切です。どうすれば実現できるか、組み合わせを見つける力は、Webエンジニアに必要な素養です。

特に近年は自動化・効率化できるツールやライブラリなども増えているので、効果的に活用することでより高いパフォーマンスが発揮できます。

また、新しい技術に対するニーズは常に高いため、勉強する事が好きな人、新しい知識・技術の習得に喜びを感じられる人が向いています。
Webエンジニアの仕事で重要な保守・運用という点では、何かトラブルが発生したときに落ち着いて対処できる、最後までやり抜けることも大切です。

エンジニアの中にはコードの美しさにこだわる人もいます。「インデントはタブ派かスペース派か」なんて論争が起こるのもエンジニアの世界特有かもしれません。その点では、いわゆる「きっちりしている人」が向いていると言えるでしょう。

未経験からWebエンジニアを目指すには?

技術を習得するために専門学校やプログラミングスクール、職業訓練校などに通ったり、Web学習サービスで独学したりする人もいます。実務未経験の方の中には自分でWebサイトをつくったり、GitHubでコードを公開したりしながら就職活動に臨む人が多いです。

新しい技術の習得には時間がかかるため、教えながら育てていく企業もあります。未経験OKの求人があったら、まずは飛び込んでみて、働きながら技術を習得していくのもいいでしょう。

ただし、制作会社の中にはフロントエンドエンジニアもバックエンドエンジニアもいる会社もあれば、バックエンドは外部委託という会社もあります。会社として「これが得意」という強みも異なり、主要技術(プログラミング言語)も変わってきます。選ぶ会社によって学習すべき方向性も変わってくるので、よく考えて選びましょう。

また、KROWL MAGAZINEではWebエンジニアを目指す方向けの学習サービスについてまとめています。
これらのサービスに触れながら自分にあった学習を進めていきましょう。

▼Web業界未経験者必見!現役エンジニアが紹介する「書いて学ぶ」Web学習サービス3選
https://magazine.krowl.jp/3720/

▼Web業界未経験者必見!現役エンジニアが紹介する「見て学ぶ」Web学習サービス3選
https://magazine.krowl.jp/3802/

▼Web業界未経験者必見!現役エンジニアが紹介する「読んで学ぶ」メディア5選
https://magazine.krowl.jp/3847/

Webエンジニアの平均年収は?

平均年収は425万円程度と言われています。

20代:360万円
30代:486万円
40代:573万円
50代以上:652万円

▼参考データ
https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_07

仕事に活かせる経験・スキル・資格って?

Webエンジニアは、技術がモノをいう世界。技術があれば資格は特に必要ありませんが、知識や能力、技術の裏付けとなってくれる資格もあります。

▼ホームページ制作能力認定試験
https://www.sikaku.gr.jp/web/wc/contents/about/

▼Webクリエイター能力認定試験
https://www.sikaku.gr.jp/web/wc/

▼独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験ITパスポート
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

▼公益財団法人 画像情報教育振興協会 Webデザイナー検定
https://www.cgarts.or.jp/kentei/about/web/

▼独立行政法人 情報処理推進機構 基本情報技術者試験
https://www.jitec.ipa.go.jp/

上記のような資格を習得する以外では、リアルのイベントに参加するのも効果的です。
KROWLでは実際に現場で行われている業務に近い経験を身に付けたい人向けて、短期集中型のワークショップも行なっています。

▼KROWLのイベント情報はこちら
https://krowl.jp/internship

実際の業務に近いWeb制作フローに沿ってワークを進めていくので、よりリアルな現場の体験ができます。
知識だけではなく、経験も身につけることで転職やその先の業務にまでいきてくるのでオススメです。

最近の動向(仕事のトレンド、求人量など)は?

WebエンジニアはWeb制作に不可欠なため、求人は多くあります。
ひとくちにWebエンジニアと言っても、HTMLのコーディングから、難易度の高いプログラミング言語を使った開発まで、スキルレベルは様々。裾野は広く、頂点は高い世界です。

Webエンジニアはたくさんいるけれど、企業側が求める技術とエンジニアの技術があわないために、人材不足が起きているのが現状のようです。
HTML、CSS、JavaScript、PHP、サーバー、SEOの知識などに加えて、アプリ開発やクラウドサービス(AWSやGCPなど)に関するスキル・経験があると歓迎されるケースも多いようです。

まとめ

今回はWebエンジニアについて、項目ごとに細かく解説してきました。

身に付けた技術に比例して、活躍の場は広がっていくのがWebエンジニアです。人材不足のため、やる気があれば未経験からでも十分にチャレンジ可能な職種ですので、経験はないけどWeb業界が気になる、最新の技術を使って仕事をしたいと考えている方は、ぜひ検討してみてください!

Web業界にはディレクター、デザイナー、エンジニアなど、全く違った持ち味を活かして働ける職種があります。
どこに適正があるか、今はまだ自分では分からないかもしれませんが、実際にやってみたり、現場の人と話をしてみたりすることで、自分の道が見つかるかもしれません。

Web業界に興味がある方は、チャレンジしてみてください。

関連記事