Webディレクターが知るべきシステムの知識とは?

ンターネット技術の進歩によって、規模が小さなサイトや管理画面でも、JavaScriptなど動きのある動作が必要になってきました。
このように、日進月歩で進んでいくインターネットについて、Webディレクターはどこまで知っておくべきなのでしょうか。また、Webディレクターの役割においてどのようにその知識は活かされるのでしょうか。それらについて述べていきます。

Webディレクターにシステムの知識が必要な場面とは

まずは、Webディレクターがシステムの知識を必要とされる場面を洗い出していきます。

ヒアリングの場面

一つはクライアントに対する営業やヒアリングの際です。クライアントの要望に対して、現実的にできるのかできないのか、それがどれくらいの予算になるのかを話せることがWebディレクターには求められてきます。

技術者とコミュニケーションを取る場合

もう一つは、実際に制作、開発していく際に、デザイナーやエンジニアと同じ認識でコミュニケーションを取るために、最低限の基礎リテラシーは必要です。Webの制作プロジェクトにおいて、システムで解決すべきことを、正確にエンジニアに伝えなければなりません。この時にシステムへの理解がなかったとすると、エンジニアが理解しにくい環境を作り出し、結果としてなすべき目的を達成する仕様からはずしてしまう可能性が十分にあるのです。

 

何を学べばいいのか

大きく以上の2つの場面に対して、対応できるレベルの知識がWebディレクターに求められているシステムの知識です。

では、このレベルの知識は具体的に何を学べば良いのでしょうか。それはどのようなサービス・サイトを制作するのか、によって大きく変わってきますが、共通しておさえておくべきポイントがあります。
それは、「なぜブラウザでWebサイトが見られるのか」ということです。
正しいURLをブラウザに打ち込むと、なぜWebサイトが閲覧することが出来るのかを説明できるかできないか。
その把握がWebディレクターとして最低限持つべきシステムの知識だと思います。

下記はWebサイトをブラウザで見られる理由

①WebブラウザにURLを入力すると、Webサーバーに対して欲しいファイルを要求します。
②Webサーバーは要求されたファイルをWebブラウザに送信します。
③Webブラウザは送られてきたファイルを読み込み画面に表示します。

 

まとめ

システムを一から、そして一人で勉強し続けることはなかなか難しいです。
なので、まずは今やっている業務、システムの部分で理解出来ていないところがあれば、エンジニアをランチにでも誘って聞いてみましょう。
また、プログラミングができるかどうかは、Webディレクターにとってあまり関係ありませんが、使っている言語の特徴やできることは、最低限知っておくべき知識なのです。

 

関連記事