Webディレクターとは?仕事内容〜年収まで徹底解説!

「WebデザイナーやエンジニアはなんとなくわかるけどWebディレクターってなに?」
そのような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

以前よりKROWL MAGAZINEでも多く取り上げられているWebディレクター。
実はWeb制作においてWebディレクターという職種は非常に需要が高く、制作の要となるポジションです。
今回は実際の仕事内容から平均年収まで、Webディレクターの全容を解説していきたいと思います。

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターは、制作現場のリーダー。クライアントや制作チームと連携しながら、サイト公開などのゴールに導くのがミッションです。
調整や指示、管理などがWebディレクターのメインの仕事になってきます。

一般的なWebサイト制作では、

  1. どんなサイトにするか企画を立てる
  2. 各ページにどんな内容を掲載するか構成を考える
  3. 各ページに合ったデザインを考える
  4. 実装・コーディングをする

という流れで進んでいきます。
これらすべての工程に、Webディレクターは関わっています。

例えばこんな仕事……

  • クライアントとの打ち合わせ
    →要望のヒアリング、要件定義、企画・デザインの提案など
  • 制作に必要な素材の管理
    →商品画像やテキスト、購入したストックフォトなど
  • 制作チームへの指示
    →進行状況の管理・スケジュール調整
  • 制作物のクオリティ管理
    →納品前チェックなど

制作会社やプロジェクトの内容、規模によって「Webディレクター」と呼ばれる人の仕事領域は異なります。

具体的には

  • 制作費や人件費を管理するプロデューサー的な役割
  • 企画書を作成するプランナー的な役割
  • サイトマップやワイヤーフレームを作成するインフォメーション アーキテクト的な役割
  • リサーチやデータ解析をするアナリスト的な役割
  • ビジネス課題解決のアイデアを提案するコンサルタント的な役割
  • 取材・撮影のセットアップをするコーディネーター的な役割

などを担う場合もあります。

また、規模が大きいプロジェクトは複数のWebディレクターが参加するのが一般的。その役割は細分化され、システムに強い人、デザインに強い人、クライアントとの折衝など営業に強い人など、それぞれ強みを生かして活躍しています。

Webディレクターのやりがい

制作現場のリーダーとして制作物の全体管理をしているWebディレクター。プロジェクトの目的を理解して、制作チームを主導していく。その結果として、良い作品、素晴らしい納品物ができあがります。「カッコいいデザインができた」などの分かりやすさはないものの、メンバーが高いパフォーマンスを発揮できるかどうかは、Webディレクターの手腕にかかっています。
映画などにおいてしばしば見受けられる「あの監督の作品」という表現同様、できあがったWebサイトはWebディレクターの作品と言っても過言ではないでしょう。

各分野のメンバーと話をすることが多く、広い知識を得たり、人脈を築いたりできるのもWebディレクターという職種に就くメリットだと思います。

Webディレクターのキャリアパス

Webディレクターとして経験を積んでいくと、制作現場のリーダーからプロジェクト全体のリーダー、組織のリーダーへと進んでいくことが多いです。Webプロデューサー、プロジェクトマネージャー、管理職、経営層などですね。
制作現場が好きな人の中には、Webディレクターを続けたり、フリーランスになったり、クライアント側のWeb担当者に転職したりする人もいます。

Webディレクターに向いている人

制作チームのメンバーからの「あなたが言うなら、やってみるよ」という言葉は、Webディレクターにとっての褒め言葉。人と話すのが好きな人、デスクに向かって黙々と作業するのが好きな人よりも、みんなでワイワイやるのが好きな人の方がWebディレクターに向いていると言えます。

また、制作全体の進行を管理しないといけないので、物事を俯瞰で捉える力も必要です。どちらかというと特定分野のスペシャリストを志向する人よりも、幅広い知識を持つゼネラリストのほうが向いているでしょう。

未経験からWebディレクターを目指すには?

冒頭で「制作現場のリーダー」とご紹介しましたが、未経験の方の場合は、制作会社などでアシスタントとして経験を積みながら、Webディレクターとして独り立ちしていくのが一般的です。
営業や接客などの前職の経験を活かすこともできるので、他の職種よりもポテンシャルでの採用が多く、未経験からの転職も十分可能です。
異業種でもチームを率いて仕事をした経験があれば、Webディレクターの仕事に生きるはずです。

Webディレクターの平均年収は?

平均年収は450万円程度と言われています。

20代:366万円
30代:464万円
40代:530万円
50代以上:573万円

▼参考データ
https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_01

仕事に活かせる経験・スキル・資格って?

制作チームを率いる存在なので、Web制作・運用に関する知識や経験、スキルがあると仕事に生かせます。
Webディレクターになるために必要な資格は特にありませんが、上記のスキルに関連する資格もあります。

▼公益社団法人 全日本能率連盟 Web検定 Webディレクター
https://webken.jp/direction/

▼情報処理技術者試験ITパスポート
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

▼公益財団法人画像情報教育振興協会 Webデザイナー検定
https://www.cgarts.or.jp/kentei/about/web/

上記のような資格を習得する以外では、リアルのイベントに参加するのも効果的です。
KROWLでは実際に現場で行われている業務に近い経験を身に付けたい人向けに、短期集中型のワークショップも行なっています。

▼KROWLのイベント情報はこちら
https://krowl.jp/internship

実際の業務に近いWeb制作フローに沿ってワークを進めていくので、よりリアルな現場の体験ができます。

知識だけではなく、経験も身につけることで転職やその先の業務にまでいきてくるのでオススメです。

最近の動向は?(仕事のトレンド、求人量など)

Webディレクターは常に人材不足の傾向にあります。
クライアントがWebマーケティングに求める成果も高度化しているため、戦略的な視点で話をできるWebディレクターは重宝されます。
また、Webデザイナーやエンジニアなど実際の制作工程を担当する人は社外で探し、自社ではWebディレクターのみを採用しているというケースも多いので、今後も求人が多くなる職種の一つではないかと思います。

まとめ

今回はWebディレクターとはどのような職種かということを、項目ごとに細かく解説してきました。
本記事で、WebディレクターとはWeb制作に関わる全ての人をゴールに導く司令塔であり、とても重要な職種であるということがお分かりいただけたと思います!
WebディレクターはWeb業界の職種の中でも比較的に未経験からのチャレンジがしやすい職種です。経験はないけどWeb業界が気になる、営業や接客業から別業種への転職を考えているという方は、ぜひチャレンジしてみてください!

Web業界にはディレクター、デザイナー、エンジニアなど、全く違った持ち味を活かして働ける職種があります。
どこに適正があるか、今はまだ自分では分からないかもしれませんが、実際やってみたり、現場の人に話してみたりすることで、自分の道が見つかるかもしれません。
Web業界に興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事