【KROWLイベント】90分でわかる!プロ直伝、初心者のためのWebサイトプロデュース術

自分の制作したWebサイトには何かが足りない…
デザインもコーディングも学んだけど、どこか素人っぽさが抜けきらない…
そんなお悩みをお持ちの方がいるのではないでしょうか。

今回のKROWLワークショップでは、現役Webディレクターを講師として迎え、
Webサイトをぐっとプロのクオリティーに近づけるプロデュース術についてお伝えしました。

本記事ではワークショップ当日の様子を紹介していきます!

登壇者プロフィール

田口 瀬梨菜 (たぐち せりな) 1989年生まれ 千葉県出身
大学卒業後、IT企業の総務・営業事務として3年従事。知人からWebサイト制作の依頼を受けたことで、Web業界に興味をもちキャリアチェンジを決意。2015年より6ヶ月間Webスクールに通い、KROWLでのインターンを経てWeb制作会社にWebディレクター兼デザイナーとして入社。現在は、株式会社イングにてWebディレクター・プロデューサーとして国内大手企業のECサービスサイトやコーポレートサイトなどを担当。

 

Webディレクターって何するの?

まずはじめに、そもそもWebディレクターとはどのようなお仕事なのかをお伝えしました。

Webディレクターはデザイナーやエンジニアに比べ、仕事の内容がイメージがしずらいと言われています。

しかし、その正体は…

田口さん「WebディレクターはWebサイト制作を成功させるための進行管理をしていく職種です。映画制作で言うと監督、オーケストラで言うと指揮者のような役割ですね!」

Webサイト制作を成功させるための進行管理をしていく監督や指揮者のようなお仕事でした!
そう聞くと、Webディレクターという職種がぐっとイメージしやすくなりますね。

確かに全体を管理するという点ではまさに監督や指揮者!とても分かりやすい表現でした。
こう聞くとWebディレクターの役割がどれだけ重要かということがわかってきますし、その後の具体的な業務内容についても参加したみなさんは想像しやすそうでした!

 

情報設計について知ろう

Webサイト制作においての情報設計(サイトに必要なものを決める)について下記のマーケティング戦略の観点からお伝えしました。

①人物像を考える「ペルソナ分析」
②サービスの価値を考える「ポジショニング分析」
③ゴールを決める「KGI・KPI設定」

一見すると難しそうなマーケティング用語ですが

①ペルソナ分析であれば

・山田ごろう
・25歳
・男性
・入社3年目

③KGI・KPI

・目標 = KGI
毎月売上を20万円UP
・そのための施策 = KPI
新商品を毎月10点追加 / アクセス数を20%UP / 商品購入率を5%UP

のように一つずつ紐解いてお伝えしていたので、
マーケティングとは実は誰にでも始められる施策ということがすっと伝わってくる内容でした。
参加者のみなさまからも難しいと考えていたマーケティングについて良く理解できたと好評をいただきました!

 

マーケティングとは恋愛である

ここではWebディレクターが行うマーケティング戦略を恋愛に例えてお話してもらいました。
今回はイベントで田口さんが使用していたスライドを少しお見せします!

このように恋愛を交えたストーリ仕立ての説明だったので、マーケティングをより身近なものとして感じることができたのではないでしょうか。

ただし、実際の恋愛で分析しすぎるのは…

 

【ワークショップ】分析してみよう

最後はお待ちかねのグループワークで、今回は「ハンバーガーチェーン店」を題材にマーケティングについて考えていただきました。
参加者のみなさまがざっくばらんに意見を交わしながら1つの結論を目指していく、大いに盛り上がりを見せたワークとなりました!

私も参加していたのですが、こんなにも「ハンバーガーチェーン店」のことを考えたのは初めての経験で、Webサイト制作において商品やサービスのことを徹底的に分析するということはとても大切だと肌で実感しました。

 

まとめ

今回のワークショップでは、Web制作をする上でマーケティングを実際に取り入れてみると、驚くほどWebサイトのクオリティーは変わってくるということをお伝えしました。
みなさまにはWebサイトを制作する前に必要な情報を整理するということは、とても大切だと感じていただけたのではないでしょうか!

また、このようなディレクター向け、ディレクションについての勉強会やイベントなどではどのようなことを行うのかあまり想像できないという方も多かったと思いますが
Webデザイナー、エンジニアなどの他のポジションの方にも役立つ知識がたくさん身につきますので参加してみてはいかがでしょうか。

今回のようなイベントを定期的に開催しているので、是非チェックしてみてください!

 

関連記事