Webディレクターの心構えとは?

みなさんこんにちは、こんばんは、初めましての方初めまして!Webディレクターのヒデノリ(@hidenori_KROWL)です!

前回は「制作ディレクション番外編:スケジュールを立てよう!」の記事で、制作全体の流れとスケジュールに関してお話しさせて頂きました。

また、

と併せて、Webディレクターという職種の業務全体像、制作ディレクションのちょっとしたポイント、何となくお分かりいただけたでしょうか?

今回はまとめとして、Webディレクターの心構えに関してお伝えします。
早速いってみましょう!

目的を見失わない

ディレクターとしてクライアントと接する際、クライアントの立場に立って考える事が大前提ですが、時にクライアントの意見を全て汲むと目的やコンセプトが何だったかわからない状態になる事も!

例えば全年齢層がターゲットの市役所のサイトで、クライアントが「かっこよくしたいですね!」と言ってそのまま進め、めちゃくちゃ奇抜でスタイリッシュ、要素モリモリのサイトが出来上がっても、決して皆が使いやすいわけではないですよね。
より多くの人にわかりやすく、問い合わせもしてもらえる事が前提のサイトなら、特定の層にターゲットを絞ったデザインや要素にせず、本来のターゲット・目的を見失わないように軸をぶれさせない進行を心がけましょう。

軸がぶれたまま進行してしまうと、成果物が上がった後必ず綻びが現れます。そこからクライアントとの信頼を壊してしまうことになりかねません。ターゲットや目的を見失わないように、ポイントポイントでしっかりと立ち返りましょう。
クライアントを巻き込んでガッツリ制作出来ると、コミュニケーションもしっかりと取れて理想的ですね!きっと良い成果物が出来ます!

 

ひとつ譲ってもらったらひとつ譲ろう

社内のプロデューサーさんや営業さんとやり取りをする事もあるかと思います。
相手がWeb制作に携わっていない場合、工数を考えず無理を言ってきたり、理解に苦しむ事があるかもしれません。当然

「出来ない事は出来ない!」

と言う事も重要ですね、しっかりと説明して理解をしてもらいましょう。

しかし、物事の大小はどうあれ、相手から何か一つ妥協を引き出したら、こちらも何か一つ提供しましょう。常にイーブンな関係を築いて、相手を尊重し、チーム一丸となってプロジェクトを進めたいですね!

 

全てに尊敬の念を抱いて

制作の仕事を進める際、デザイナーさんやエンジニアさん等チームのみなさんに仕事をお願いします。それぞれがその道のプロフェッショナルです。

\おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!/

そんな気持ちを常に持って制作をお願いしましょうッ!実際自分一人では何もできませんしね!

もしクライアントからの共有を踏まえ、自分の中に何かしらイメージがある場合、十分すぎるほどしっかりと時間(MTG)をとって、「言葉で」伝えましょう!何事もちゃんと言わなきゃわからないものです。伝わったつもりで結果違った成果物が上がってきた場合、時間ももったいないですし、デザイナーさん・エンジニアさんとの信頼も薄れてしまいます!

コミュニケーションをしっかり取って、皆で楽しい仕事をしたいですよね。遠慮せずガンガン仕事の話が出来る関係を築きましょう!

 

最後に

インタビュー記事でもお話しさせて頂きましたが、私は全ての根幹に「信頼」が大きく関わっていると思っています。

クライアントと、そして営業さん、デザイナーさん、エンジニアさん、チームメンバーと。ディレクターとして全ての人と信頼関係をしっかり築く事が出来れば、ディレクターを介して、クライアントとチームメンバーの信頼も十分紡ぐことが出来ると思います。
 

クライアント「こんな良いサイトが出来た!こんな良い結果が出た!」
ディレクター「ほらぁ、うちのチーム最高でしょ?」(にっこり)


このやり取りを目指して、楽しく仕事がしたいですね!
 一緒にいて楽しく仕事が出来るディレクターって、良いですよね!! 

 

KROWL MAGAZINEで今後も何かしら記事を書いていきます、またお会いしましょう! 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

関連記事