リスティング広告って何?

Webマーケティングをする上で、大活躍しているリスティング広告ですが、Web業界で仕事をしていないと、どのようなものなのか正確に把握するのが難しいのではないでしょうか。
今回はリスティング広告がどのようなものか紹介していきます。

リスティング広告とは?

まず初めに、Googleのリスティング広告を見てみましょう。

おそらくほとんどの方が「ああ、見たことある!」という感想を持ったのではないでしょうか。
それもそのはず、検索エンジンでユーザーがキーワードを検索した際の検索結果画面に必ずと言っていいほど現れる広告、それがリスティング広告なのです。
画像でもわかるように、Googleのリスティング広告は基本的に検索結果画面の上部と下部に表示され、広告というアイコンが付いています。

 

掲載媒体

ここではリスティング広告が表示される代表的な媒体について紹介していきます。

1. Yahoo!プロモーション広告

Yahooの検索結果ページに表示され、日本でのシェアがNo.1のWeb広告媒体です。

2. GoogleAdwords

Googleの検索結果画面に表示され、世界でのシェアがNo.1のWeb広告媒体です

 

リスティング広告表示の法則

ユーザーの検索に対して表示するリスティング広告は、端的に言うと「価格」と「質」で決まります。

これはテレビCMや新聞の広告欄、街頭ビジョンなど他の広告媒体と同じことですが、良い場所や時間帯に広告を出そうとすると、その分競争率が高くなります。それによって広告枠の価格が高くなるわけですが、リスティング広告もこの例に漏れません。

リスティングはオークション?

一般ユーザーが検索エンジンを使用すると、その検索ワードに対して出稿している広告同士で、広告主が予め設定した広告料による入札が自動的に行われます。この際「広告1クリックにいくら払えるか」という金額が考慮されます。
この「1クリックされるごとに広告料が発生する」というモデルは、PPC(Pay Per Click)広告と呼ばれ、リスティング広告もこのひとつにあたります。

人気の高い(検索数の多い)キーワードに対して出稿を行うと、当然多くの人の目に触れることができ、広告の効果を最大限高めることができます。そのため、人気のキーワードは必然的に競争率が高くなり、1クリックあたりの単価が非常に高くなります。

これはまさしくオークションと同じで、人気の商品(検索ワードに対する広告枠)を買おうとするとどんどん値段がつり上がってしまうわけです。
ほとんどのリスティング広告では1クリックあたり最低1円から単価が設定できますが、絶大な人気を誇る検索ワードに対して出稿しようとすると、1クリックあたり1,000円を超えてしまうこともあります。

 

価格だけではなく質も重要

ただし「高ければ良いものではない」という言葉がリスティング広告にも当てはまります。

例えばGoogleのリスティング広告では、クリック単価の他に「広告の質」も考慮した上で表示されるか否かが決定されます。
これは通常のウェブサイトと同様、「表示される広告がユーザーが真に求めている情報に合致しているか」がポイントとなってきます。

・検索ワードに対して広告文が乖離していないか

・広告のリンク先に設定されているウェブページは広告の内容と合っているか

・そもそもその広告の主旨はターゲットされている検索ワードに関連しているか

などが総合的に判断され、広告品質の高低が決定されます。
したがって、いたずらに広告料を積み上げればいいというものではなく、商品やサービスの価値をきちんと伝えられる広告を作成することが重要であると言えます。

 

リスティング広告のメリット・デメリット

ここでは、リスティング広告を使用するうえでのメリット・デメリットについて紹介していきます。

メリット

検索結果画面への表示をコントロール

リスティング広告を活用するメリットとしては、検索結果画面への表示をコントロールすることができるという点です。
リスティング広告とよく比較されるSEOでは、検索結果画面の上位に表示させるには、コンテンツやマークアップの質を向上させ、検索エンジンに最適化させる必要があります。
これは大変労力がかかりますし、具体的な動作原理が公開されていない検索エンジンのアルゴリズムによって表示順位が決まるため、必ず検索結果の上位に表示されるという確証が得られないのです。

それに比べ、リスティング広告はオークション形式の入札で表示順位が決定されるため、高い金額を設定することで確実に広告を表示することができるのです。

ピンポイントな広告表示

リスティング広告は検索したキーワードに連動して表示されます。
言い換えると、情報を求めている人に対してピンポイントで商品やサービスの広告を表示することができるのです。

そのためコンバージョンに繋がる可能性が高いというメリットがあります。

例えば

「Web 勉強」

と検索したとき、リスティング広告としてWebスクールのサイトが表示されていたらついついクリックしてしまいますよね。

このように需要と供給がかみ合うことで、コンバージョン獲得を図るマーケティング施策なのです。

 

デメリット

コンバージョン獲得のための高額設定

良く検索されるキーワードの検索結果画面に表示するには、多くのお金をかける必要があります。

例えば

「Web」というキーワードと、

「Web 学習 ツール」というキーワードでは

圧倒的に「Web」と検索される回数の方が多いですよね。
多くのユーザーが集まるということはその分コンバージョン率も高まり、競争率も高まっていくのです。
そのため広告を表示するためには高い金額を設定する必要があります。

低い認知力

メリットの部分でも説明しましたが、リスティング広告はユーザーが検索したキーワードに関連して表示されるため、ユーザーに対してピンポイントで求めている情報を提供することができます。
そのため、コンバージョンの獲得には即しています。

しかし、キーワードに興味を持っていないユーザーに対してリスティング広告が表示される可能性は極めて低いため、幅広い層のユーザーの認知を獲得するという面に関しては効果的ではないのです。

 

まとめ

現在、Web上には膨大な数のサイトが存在しており、今後も増え続けていくでしょう。
そんな中、情報を求めているユーザーに対して、ピンポイントで広告を表示することのできるリスティング広告はWebマーケティングをする上では欠かせないツールの1つなのです。
それだけでなく、リスティング広告の運用だけを事業としている会社もあるほどその需要は高まっており、1ツールの域を超えWebの仕事のひとつとなっています。

Webマーケティングをする際は、用法容量を見極め効果的に活用することで、より多くのコンバージョンを獲得していきましょう

「どんな職種が向いているのかわからない」という悩みを持つ方にオススメの適職診断をKROWLサイトで公開しています。
全10問の質問に答えるだけであなたの性格から適職を判断します!
気になる方は是非お試しください!

関連記事