Webマーケティングってどんなもの?

現在、スマートフォンの普及や通信環境の向上により、どこにいてもインターネットにつながることができるようになりました。
そんな中、多くの企業がWebマーケティングを活用することで、自社の商品やサービスを認知させ、実際に販売活動を促進する施策を取っています。
しかしWebマーケティングという言葉は知っていても、「実際にどのようなことをするのかわからない」という方は多いのではないでしょうか。

今回はそんな現代に不可欠なWebマーケティングについて紹介していきます。

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは簡単に言うと

商品やサービスの認知拡大・購入促進に、Webを活用するマーケティング手法のことです。

このように書くと簡単なことのように思えますが、実際には状況に応じて様々な施策を講じていく必要があります。
ここからはWebマーケティングの具体的な施策について、いくつか紹介していきます。

 

Webマーケティングの代表的な施策

Webマーケティングの施策は闇雲に講じても効果をあげることはできません。
目的や状況に応じて慎重に活用することで初めて効果をあげることができるのです。

ここでは「集客」、「接客」、「再来訪」の3つの目的に応じて活用する、Webマーケティングの代表的な施策を紹介します。

集客

・SEO

「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」を略したもので、「Google」や「Yahoo!」などの検索エンジンにおいて、商品やサービスのWebサイトを、より上位に表示させるための施策です。
検索結果で上位に表示させるためには、検索エンジン「ユーザーが求めているコンテンツである」と認識させる必要があります。そのため、SEOを考慮したライティングをする必要があります。

・リスティング広告

検索結果画面の上部と下部に表示される広告のことで、検索したワードごとに入札形式で表示順位が決定されます。
ユーザーの今までに閲覧したWebページや検索したワードによって、表示される広告が変わるため、ユーザーのニーズに合わせたアプローチをすることが可能です。

・ソーシャルメディア対策

企業や企業の持つブランドの公式アカウントを作成することで、ユーザーと直接的な接点を生み出し、最終的に自社サイトへ流入させる施策です。
こちらは、ソーシャルメディアのアカウントを無料で作成できるということもあり、コストを抑えて自社の商品やサービスを認知させる場合は有効です。

接客

・LPO

LPOとは「Landing Page Optimization(ランディングページ最適化)」を略したもので、インターネット広告からのアクセスによって流入したユーザーをコンバージョンに結びつけるために、ランディングページを最適化する施策です。
そもそも、ランディングページはコンバージョンの獲得を目的としているページです。
しかし、「興味を持って来てみたものの、必要な情報が載ってない」、「デザインがごちゃごちゃで分かりづらい」ということでは、コンバージョンにつながる可能性は極めて低くなってしまうでしょう。
そのため、ランディングページをユーザーにとって価値の高いものに最適化する必要があるのです。

・EFO

EFOとは「Entry Form Optimization(入力フォーム最適化)」を略したもので、「問い合わせ」や「申し込み」、「購入」などのフォームをユーザーにとって使いやすく、わかりやすいものにすることで、離脱率を下げ多くのコンバージョンを獲得する施策です。
皆さんも入力フォームがわかりづらかったために、Webサービスの会員登録や商品の購入を断念したことがあるのではないでしょうか。
そうした事態によってコンバージョン獲得の機会を逃さないよう、入力フォームを最適化しておく必要があるのです。

再来訪

・リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、Webページを訪問したユーザーに対して、そのWebページに関連する広告を繰り返し表示していく施策です。
Webページを訪問したということは、そのページの商品やサービスに興味を持っている確率が高いため、そのようなユーザーを追跡し広告を表示し続けることで再来訪を促します。

・メールマガジンの配信

ユーザーが情報登録などをした際に獲得したメールアドレスをもとに、メールマガジンを配信していく施策です。
メールマガジンを送る際はユーザーの今までのアクションを元に、配信する文章の内容や時間を変えることによって、より効果的に再来訪を促すことができます。

 

まとめ

今回は目的別にWebマーケティングの代表的な施策を紹介しました。
「Webマーケティングってこんなに色々な種類があるのか」と思った人もいたのではないでしょうか。
しかし、今回紹介した施策はほんの一部にすぎません。
また、技術革新が著しい現代では毎年のように新しいWebマーケティング施策が生まれています。

自社のWebマーケティングを担当している人や、これからやりたいと考えている人は、しっかりと施策を理解し効果的なマーケティングをしていきましょう。

関連記事