Webデザイナーってどんなお仕事なの?

Webデザイナーと聞くとなんとなく、難しいことをやっている凄い人たちというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。
しかし、Webデザイナーと言っても仕事の領域は多岐に渡るため、人によって認識が様々なのです。

今回はWebデザイナーが実際にどんなお仕事をしているのかを紹介します。

Webデザイナー業務内容

Webデザイナーのお仕事は、その名前の通りWebサイトをデザインすることですが、その作業領域は多岐にわたります。
ここではWebデザイナーの代表的なお仕事について紹介していきます。

1.サイトの設計

Webサイトを制作するための骨組みを設計する作業になります。

Webサイトはそもそも達成すべき目標を持っており、その目標を達成するためにどのようなサイトにするかということを決めなければなりません。

具体的にはユーザーのペルソナ(※1)設定や、ポジショニングマップ(※2)で対象ユーザーを絞り込み、そのために必要な情報設計を行い、要件を洗い出した段階でワイヤーフレーム(※3)に落とし込みます。

Webサイトを制作する上で、サイトの設計はWebデザイナーが最初に行う作業であり、どのようなサイトを制作するのかという方針を決めるとても重要な作業なのです。

2.Webサイトのデザイン

ワイヤーフレームをベースにして、「Illustrator」や「Photoshop」などのグラフィックソフトを用いて、Webサイトをデザインしていきます。
この作業は皆さんが「Webデザイナー」と聞くと真っ先にイメージしやすいものではないでしょうか。

このWebサイトをデザインする作業には、とても大切なことが1つあります。
それはユーザーの使いやすさを考えるということです。

WebサイトはDTPのように見るだけのものではなく、実際にユーザーが手に触れるものです。
したがって、いくらデザインがお洒落で格好の良いものだとしても、ユーザーが使いづらいと感じたら、良いWebサイトとは言えないのです。

そのため、Webデザイナーは見ためと使いやすさの両方を意識しながら、Webサイトを制作していかなければなりません。

3.Webサイトのコーディング

Webサイトを「Illustrator」や「Photoshop」でデザインしてもそれはただの画像データであり、Webブラウザには最適化されていません
そこで、デザインした画像データをWebサイトとして見做されるように書き出す必要があるのです。
この作業を一般的にコーディングと呼びます。

HTMLやCSSといったマークアップ言語を使い、デザインデータを忠実に再現して、実際にユーザーが使用できるように実装を行います。

また、JavaScriptなどのプログラム言語を使用し、デザインに動きを付けることもできます。

Webサイトのコーディングに関してはエンジニアの領域ですが、デザイナーが兼任している場合も会社によってはあります。

 

まとめ

以上、Webデザイナーのお仕事の紹介でしたが、Webデザイナーがどのようなことをしているかイメージできたでしょうか。
Webデザイナーと聞くと、目に見える部分のデザインのみをしているように感じますが、Webデザイナーは日々幅広い領域の作業をこなしているのです。

その分様々な技術や知識を身に着けることができます。

今回の記事で興味を持った人はぜひWebデザイナーを目指してみてはいかがでしょうか!

 


  1. 商品やサービスの典型的なユーザー層を人物として定義したもののこと
  2. 自社製品や自社サービスが他社より優れている、独自のポジションを導き出す手法
  3. Webページのコンテンツやレイアウトを示す設計図のこと

関連記事