Webライターになるために知っておくべきこと(1)

現在、Web業界の需要が高まっている中で、Webライターは多くの場で活躍をしています。
しかし、Webライターとは具体的に「紙媒体を扱うライターとどこが違うのか」「どんなスキルが必要なのか」ということがわかりづらいのではないでしょうか。

今回はそんな謎に包まれたWebライターのお仕事について紹介していきます。

Webライターとは

Webライターは雑誌や書籍などの紙媒体に文章を書くライターとは違い、Webサイト上に掲載する文章を書いていくことが主な仕事となります。
そこで重要になってくるのが「SEOを考慮したライティングができているか」という点です。

「SEO」とは「Search Engine Optimization」を略したもので、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにおいて、より上位に表示させるための手法です。
つまり「SEOを考慮したライティング」とは、「検索結果の上位に表示させるため、検索エンジンに最適化された文章作成」ということになります。
検索結果で上位に表示されないということは、人々の目に触れる機会が少ないということであり、これではWebサイトがインターネット上に存在する意味がなくなってしまいます。
そのため「SEOを考慮したライティング」を行えているかという点が、Webライターにとって最も重要なポイントなのです。

 

SEOを考慮したライティングをするには

Webライターは「SEOを考慮してライティング」を行わなければならないと言っても、具体的にどのようなことをする必要があるのでしょうか。

検索結果の上位に表示させるには、検索エンジンに優れたサイト(ユーザーが求めている情報に対して高品質なコンテンツを提供しているサイト)であると認識されなければいけません。
そのためには、ページのタイトルに上位に表示したいキーワードを含み簡潔にまとめることや、同じ意味の文章でも表現を変えることなど、多くのことを考えながらライティングしていく必要があるのです。

 

まとめ

この記事を読んでくれた皆様、Webライターについて少しはイメージできたでしょうか。

今回紹介したことをまとめると

1.WebライターはSEOを考慮したライティングをしなければならない
2.検索結果の上位に表示させるには、検索エンジンに優れたサイトだと認識させるための工夫が必要である

となります。

Webライターはユーザーが魅力的に感じる文章を書く以前に、まず検索エンジンに認められる文章を書かなければいけません。
そのためには検索エンジンの好みをしっかりと把握した上で、ライティングをしなければならないのです。

関連記事